男性ホルモン「テストステロン」と薄毛・ハゲの関係性は?

薄毛になる原因にはいろいろありますが、男性の薄毛には、男性ホルモンの「テストステロン」が大きく関わる薄毛・ハゲの症状があります。この記事では、男性ホルモンの仕組みやテストステロンの働きなどを詳しく説明し、薄毛・ハゲとの関係や改善方法について解説しています。

男性ホルモンについて

男性ホルモンの分泌が多いと聞くと、「マッチョ」「エネルギッシュ」「ギラギラしている」など、男らしいイメージが思い浮かびます。もちろんこれらは本当のことですが、男性ホルモンは、髪の毛とも深い関わりがあります。まずは、男性ホルモンについての知識を深めていきましょう。

男性ホルモンとは

人の身体では、70種類以上ものホルモンが分泌されています。なかでも、胎児の頃から男女の身体の特徴を形づくり、一生涯において影響を与えていくのが、性ホルモンです。

性ホルモンである男性ホルモンと女性ホルモンは、男女どちらにも分泌されていますが、その比率や作用が男女で全く異なります。数ある男性ホルモンは総称して「アンドロゲン」と呼ばれ、体内で生成されるステロイド系のホルモンです。

男性ホルモンの95パーセントは睾丸の精巣でつくられるテストステロンで、残り5パーセントは副腎でつくられます。テストステロン以外の男性ホルモンにも、免疫を上げたり、ストレスに対抗する耐性を強めたり、高血圧や糖尿病を予防したりする大切な働きがあります。

男性ホルモン「テストステロン」とは

通常、男性ホルモンというときは、このテストステロンの作用や効果を指すことが多いです。男性らしさをつくる成長に不可欠なもので、生涯のうち3度も大きな作用をもたらします。

1度目はお母さんのお腹の中にいる胎児の時期で、テストステロンの作用によって男性生殖器が形成され、性別が決定します。2度目は生後半年の間で、テストステロンレベルが高くなり、脳の性差や身体の発達に影響を与えます。そして3度目が思春期です。

大量のテストステロンが分泌され、声変わりのほか、ひげや体毛が濃くなる、骨格や筋肉がたくましくなるなど、大人への成長を促します。また、研究が進んで、壮年になってもテストステロン値の高い男性は、脳梗塞や心筋梗塞、がんにかかる率が低いことが分かってきました。

テストステロンは幸福物質と呼ばれるドーパミンの分泌も助けるので、精神力が強く、年齢を重ねても自分の人生を謳歌している男性が多いと言えます。逆に、若くてもテストステロン値が低い場合、筋肉不足で太りやすかったり、病気に対する抵抗力が低かったりして、身体が虚弱傾向になります。

更年期は女性だけのものと思われていましたが、このテストステロン値が低くなることで、男性の更年期というのも起こることが分かってきています。このようにテストステロンには、健康な男性らしさをつくるだけではない様々な働きがあります。主な働きについて、まとめて確認しておきましょう。

  • 骨や筋肉を屈強に成長させる
  • ひげや体毛を濃くする
  • 精子の活動を活発にする
  • 性欲を向上し、性機能を高める
  • 血管を健康に維持し、血流をよくする
  • 血管や内臓にコレステロールが貯まりにくくし、肥満を防ぐ
  • 腎臓や肝臓の機能を向上する
  • 精神活動を司る細胞小器官の健康を保ち、認知機能を向上させる
  • ドーパミンを活性し、精神を活発化させてやる気を起こさせる
  • 老化を司る小細胞を活性化し、寿命を延ばす

テストステロンと薄毛・ハゲの関係と、改善方法

まさしく「男らしさ」をつくる良いことだらけの男性ホルモンが、なぜ薄毛やハゲに関係するのでしょうか?ここでは、テストステロンと薄毛・ハゲの関係性を詳しく解説します。改善方法もアドバイスするので、男らしさを失わないまま薄毛を改善したい人は、ぜひ参考にしてください。

テストステロンと髪の毛の関係

俗に「男性ホルモンが多いとハゲになる」と言われています。これはまったくの間違いではありませんが、正解は「男性ホルモンと薄毛・ハゲには大きな関係がある」ということになります。

男性が薄毛になる原因のなかで、額の生え際やつむじのある頭頂部から薄くなっていくタイプに多いのが、AGA(Androgenetic Alopecia)と呼ばれる、男性型脱毛症です。このAGAは、薄毛を放置しておくとハゲに進行していくのが特徴です。

テストステロンに5α‐リダクターゼという酵素が結合して、別の男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化することが原因で発症します。このDHTには、毛髪のもととなる毛母細胞の働きを低下させる作用があるため、薄毛・ハゲの原因になります。

ここまでを理解すると「じゃあ、男性ホルモンのテストステロンが多ければ多いほど、DHTも増えるんじゃないの?」と思うでしょう。ところが、人の身体というのは本当によくできたもので、なんらかの原因でテストステロンの量が減ったときには、身体は「これでは男性として生きていけない!」と判断し、テストステロンに似たホルモンをつくり出します。

これが、DHTなのです。つまり、テストステロンが減るとDHTが増えるので、AGAになる可能性が高くなります。

テストステロンが関係する薄毛・ハゲを改善する方法

AGAによる薄毛・ハゲを防ぐには、2つのポイントがります。1つは、テストステロンと5α‐リダクターゼ酵素が結合するのを阻止して、DHTが生成されにくくすること。そしてもう1つは、テストステロンを減らさない生活をすることです。

この2つのポイントを押さえたうえで、AGAによる薄毛・ハゲを改善する4つの方法を見ていきましょう。どれも今日からスタートできることばかりです!

方法1. AGAに効果のある医薬部外品の育毛剤を使う

育毛剤のなかには、テストステロンと5α‐リダクターゼの結合を阻害し、DHTの生成を防ぐ効果のある成分が配合されているものがあります。医薬部外品でこうした薬効成分が豊富に配合されている育毛剤を選びましょう。

AGAによる薄毛を改善してフサフサの髪の毛に戻すためには、薄毛に気がついたときから育毛剤を使い始めることが、とても重要です。効果が現れるまでには個人差がありますが、毛髪の成長サイクルを考えると半年〜1年くらいは、毎日根気よく育毛剤を使い続けることが大切です。

方法2. 食生活を改善して、AGAに効果のある食べ物を取り入れる

毛髪の成長に必要な栄養をほとんど含まないジャンクフードやスナック菓子を避け、できるだけバランスの良い食事を心がけると、テストステロンの分泌が活発になります。

また、亜鉛やイソフラボンには、5α‐リダクターゼを抑制する効果があるため、積極的に摂りたい栄養素です。亜鉛を含む食品には牡蠣やレバー、牛肉などがあり、豆腐や納豆などの大豆食品にはイソフラボンが豊富に含まれています。

方法3. 寝不足はAGAのもと!十分な睡眠を心がける

睡眠は男性ホルモンのために重要です。テストステロンは眠っている間にたくさん分泌されるので、徹夜が続くと分泌が止まってしまって増えません。

質の高い熟睡できる環境をつくるためにも、寝る前まで深酒をしたりカフェインを摂ったりすることを控えましょう。十分な睡眠時間がとれるよう、自分で時間のコントロールをすることも、育毛生活にとって大切です。

方法4. ゴロゴロしていないで、毎日運動をする

適度な運動は、テストステロンの分泌を促します。ジムに通うなどして筋肉を使うスポーツをすることはとても効果的ですが、毎日続けるには、自宅でできるストレッチや筋トレ、近所を歩くだけのウォーキングなどを生活に取り入れることをおすすめします。ゴロゴロしている時間を、育毛のための運動に使うようにしましょう。

男性ホルモンが多いとハゲになるのではなく、むしろ男性ホルモンのテストステロンが減ることによって、薄毛・ハゲになります。薄毛を改善してハゲに進行するのを防ぐには、早くから育毛剤を使い始めてケアをしましょう。

そして何歳になってもフサフサした髪の毛を保つために、テストステロンを増やす方法を実践してみましょう!

ページの先頭へ戻る