急に抜け毛の本数が増えた!何が原因?

ここのところ急に抜け毛の量が増えてきたあなた、放っておくとハゲになってしまうんじゃないかと心配ではありませんか?この記事では、抜け毛のメカニズムや原因について詳しく解説します。合わせて、原因別の改善方法もアドバイスします。

自分の抜け毛を観察して、早めのケアを始めましょう!

抜け毛の原因をつきとめる!

シャンプーのたびにゴッソリ髪の毛が抜けたり、朝起きたときに枕に抜け毛が多いのを見つけたりすると、ドキッとします。

しかし原因が分からないまま、手当たり次第にシャンプーやヘアトニックを変えたり、抜け毛を気にして髪の毛をあまり洗わなくなったりしては、かえって悪化させてしまうことにもなりかねません。

まずは、抜け毛はなぜ起こるのかというメカニズムをよく理解し、自分の抜け毛がどうして起こっているのか原因をつきとめましょう。

抜け毛のメカニズム

まずは、健康な髪の毛の成長サイクルと、正常な抜け毛が起こるメカニズムについて説明します。毛髪の量には個人差がありますが、平均して約10万本が頭皮に生えています。そして、男女差や年齢、体質などで差はあるものの、約3年〜6年の周期で脱毛と発毛をくり返します。

健康な毛髪の成長サイクルには、成長期、退行期、休止期という3つの時期があります。成長期は、新しい髪の毛が誕生する時期です。毛穴の奥の毛母細胞で作られた髪の成分が次々と頭皮に押し上げられ、やがて毛根になり、新しい毛として生えてきます。この時期は、2年〜5年ほど続きます。

次に、毛母細胞での髪の生成がだんだんと衰える時期があります。これが退行期で、2週間ほどの短い期間です。これは自然な流れなので、心配することはありません。最後が、自然な抜け毛が起こる休止期です。

休止期になると毛母細胞の働きが完全に止まって、髪が自然に抜け落ちるのを待っている状態になります。この期間が3ヵ月ほどで、10万本もの髪の毛のうちの10パーセントである1万本が、自然に抜け落ちます。

健康な髪の毛は、この成長サイクルによって、抜けたり生えたりしています。ですので、1日50本程度の自然な抜け毛であれば、心配する必要はありません。

あなたの抜け毛の原因はどれ?

抜け毛の原因には様々な要素があります。いくつかの要素が重なって、抜け毛が急に増えて薄毛になることもあります。以下の6つの原因に当てはまるものがあれば、すぐに抜け毛の改善に向けて動き始めましょう。疾患によるものは自己判断せずに、医師の判断を仰ぐ必要があります。

原因1. AGA(男性型脱毛症)

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが体内で生成される5α-リダクターゼという酵素と結びつき、DHT(ジヒドロテストステロン)という別の男性ホルモンに変換されることにより起こる男性特有の脱毛症です。DHTには、髪の毛を成長させる毛母細胞の分裂を阻害する作用があります。

薄毛や抜け毛が、5α-リダクターゼが生成されやすい額の生え際やつむじのある頭頂部から起こり、だんだんと脱毛していくのがAGAの特徴です。

原因2. 紫外線やカラーリングや間違ったヘアケアなどによる頭皮ダメージ

紫外線による頭皮のダメージは、ただ単に日焼けで地肌が荒れるだけではありません。頭皮の奥深くにまで届いて細胞を傷つけ老化を早めるため、毛根の成長にも影響します。

また、パーマやカラーリングで使う薬品は、頭皮のトラブルの原因になることが多いです。地肌の乾燥やニキビ、湿疹、フケ、かゆみが起こった頭皮では、抜け毛が起こりやすくなります。

さらに、界面活性剤やシリコンを使ったシャンプーやコンディショナー、強い香料や刺激のある薬品を使ったヘアトニックなどの使用は、頭皮の毛穴を詰まらせたり、地肌のトラブルを引き起こしたりして抜け毛を増やす原因になります。

原因3. ストレスや睡眠不足

私たちの身体の機能は、自律神経のバランスによって調整されています。自律神経は、興奮状態や活動時に優位になる交感神経と、睡眠時やリラックスしたときに優位になる副交感神経の2つが、24時間休まずにバランスを取っています。

ところが仕事や人間関係、環境の変化、精神的なショックなどによるストレスが長引いたり、睡眠不足が続いたりすると、交感神経が活発になる時間ばかりが増えて、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

交感神経には血管を収縮する作用があるため、血液の流れが滞り、血行不良を招きます。頭皮は心臓よりも高い位置にあるため、血液によって運ばれる大切な栄養が毛根まで届かなくなり、栄養不足による抜け毛を招きます。

原因4. 食生活の乱れ

最近では家族そろって食事をする機会がだんだんと失われ、コンビニやファーストフードで手軽に済ませてしまえるため、「好きなものだけ」「いつでも好きなだけ」という食のライフスタイルになりがちです。

食べ物の好き嫌いや暴飲暴食、インスタント食品やスナック菓子などを多く摂取している食生活では、髪の毛は大切な栄養を取り入れられずに、栄養失調による抜け毛が起こります。

原因5. 薬の副作用や疾患

病気の治療で服用または外用する薬剤によっては、抜け毛の副作用が起こるものがあります。また、疾患の中には、毛髪の成長サイクルそのものに影響を与えるものもあります。なんらかの疾患や怪我などで治療をしているときに抜け毛の症状が現れたときは、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

原因6. 円形脱毛症

抜け毛の場所が一箇所で、周囲の髪の毛にはまったく変化がない場合は、初期の円形脱毛症の可能性があります。通称10円ハゲとも呼ばれる円形脱毛症は、最初は小さな円形や楕円形の脱毛が、突然現れます。

年齢や性別に関係なく、ストレスや自己免疫疾患、アレルギー疾患などが引き金となって脱毛します。自己判断で放置したり市販の外用薬を塗布したりせずに、皮膚科や育毛クリニックなどを受診しましょう。

抜け毛のセルフチェック!あなたの抜け毛は大丈夫?

抜けた髪の毛をよく観察すると、自然な成長サイクルによる抜け毛か、薄毛やハゲにつながる危険信号なのかを、判断することができます。まずは自分の抜け毛をティッシュの上などに置いて、じっくり観察してください。

大切なのは、自分の抜け毛が自然な脱毛か、なんらかの原因による脱毛なのかをよく観察して原因をつきとめ、薄毛やハゲに進行するのを防ぐ対策をとることです。

丸くない毛根は黄信号

自然な抜け毛は、毛根が楕円形のような形をしています。しかし、毛根の形がゆがんでいたり白く濁っていたりする抜け毛は、成長サイクルの途中で抜け落ちた可能性があるため、原因を確かめる必要があります。

また、毛根がなかったり、頭皮から出ている部分の髪の毛より細かったりする場合は、毛母細胞で成長できずに栄養不足になっている恐れがあり、放っておくと薄毛に進行することもあります。

くっつく毛根は黄信号

抜けた髪の毛を、鏡やティッシュに乗せてみて、根元がくっつく場合があります。そのような抜け毛は、毛根の組織が残った状態で抜けてしまったか、頭皮の過剰な皮脂分泌により抜け落ちた可能性があります。放っておくと薄毛に進行することもあるため、注意が必要です。

毛先が細い抜け毛は赤信号

自然な抜け毛の毛先は、他の部分と同じ太さで、ヘアカットしたときの切り口のままであることが多いものです。しかし、なんらかの原因で成長しきれずに早く脱毛してしまった場合は、毛先が細く、弱々しい抜け毛になっています。

毛穴の中で、次の成長サイクルが正常に進まず、薄毛やハゲに進行する可能性があるため、すぐに改善策にとりかかりましょう。

細い抜け毛は赤信号

何本も抜ける髪の毛のうち、細い髪の毛がたくさんあるようなら、毛穴の中で健康で太い髪の毛を育てることができず、細い毛のままで抜けてしまっている可能性が高いです。これは、薄毛が進行している赤信号なので、すぐに対策を始める必要があります。

髪の毛の太さには個人差があるので、生えている髪の毛と比較して、細いかどうかを判断してください。

抜け毛を改善するには?

急に増えた抜け毛を改善して、薄毛やハゲにならないように予防するためには、育毛剤を使い始めることが一番の近道です。同時に、自分の抜け毛の原因に合わせたヘアケアや生活改善をすることも重要です。

AGAによる抜け毛には

医薬部外品である育毛剤の中には、AGAの原因である5α-リダクターゼとテストステロンの結合を阻害する成分が配合されたものがあります。まだハゲに進行していない場合は、このような育毛剤を毎日使い続けることにより、AGAによる抜け毛を改善することができます。

自分の抜け毛がAGAによるものかどうかを調べるには、育毛クリニックやAGAクリニックでカウンセリングや検査を受ける方法があります。

頭皮ダメージによる抜け毛には

ダメージを受けた頭皮はとても敏感になっているため、強い化学薬品を使用した育毛剤やヘアトニック、育毛シャンプーなどの使用は控えてください。天然薬効成分で頭皮を健康に改善する、無添加の育毛剤をおすすめします。

また、普段から頭皮を紫外線から守るよう、UV加工のある帽子を被るように心がけましょう。そしてヘアケア用品は、敏感な頭皮に刺激になるようなアルコールや石油系科学化合物が入ってなく、なるべく地肌に優しい成分のものを選んで使ってください。

パーマやカラーリングのくり返しにより抜け毛がある場合は、さっぱりとした健康的でおしゃれなヘアスタイルにイメージチェンジし、薬剤によるダメージを与えないように心がけることが大切です。

血行不良による抜け毛には

頭皮の血行を改善する薬効成分が配合された育毛剤を使うことをおすすめします。入浴後の身体が温まっているときに育毛剤を使用すると、さらに頭皮の血行がよくなり、抜け毛の改善が期待できます。

そして、自律神経のバランスを整えて血液の循環をよくし、頭皮に栄養が行き渡りやすくするためにも、上手にストレスと付き合って発散する方法を見つけましょう。

また、睡眠は髪の毛の成長にとても大切な時間です。自律神経のバランスを整えて血行をよくするだけではなく、髪の毛の成長を促す成長ホルモンが活発に分泌される時間でもあります。十分な睡眠時間が確保できるよう、生活のリズムを整えてください。

栄養不足による抜け毛には

毛根に豊富な栄養を与える成分を配合した育毛剤を使用することが大切です。健康な新しい髪の毛が生えてくるように、頭皮から育毛剤で栄養を与え、身体の内側から食べ物で栄養を補給してください。

抜け毛を改善するためには、バランスのよいヘルシーな食事を心がけてください。暴飲暴食や無理なダイエットは、健康にも髪の毛にもよくありません。コンビニフードやファーストフードよりも、手作りの和食を中心とした食生活に切り替える努力をしましょう。

抜け毛には、成長サイクルによる自然なものと、薄毛やハゲになる可能性があるものが考えられます。まずは自分の抜け毛の原因をつきとめ、それに合った改善方法を取り入れて、元気な髪の毛を取り戻しましょう!

ページの先頭へ戻る