ピディオキシジル(フィンジア)の副作用と育毛効果まとめ

育毛効果のある成分で最近注目されているのが、「ピディオキシジル」です。AGA治療に使用されている発毛成分「ミノキシジル」に非常に似た分子構造を持っていながら、副作用の心配が少ないとされている成分です。

そのため、薄毛やハゲの改善を試みている人にとっては、とても気になる成分でしょう。この記事では、ピディオキシジルの基本情報のほか、その副作用や育毛効果について詳しく解説していきます。

ピディオキシジルの基本情報

ピディオキシジルは薬品の通称で、アメリカではKopyrrolと呼ばれています。配合成分表などに記載されている正式名称は、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(Pyrrolidinyl Diaminopyrimidine Oxide)です。ここでまず、ピディオキシジルについて詳しい知識を持っておきましょう。

「ピディオキシジル」とは?

ピディオキシジルは、アメリカやインドでは、育毛ケア製品や女性のまつ毛美容液、男性のヒゲを濃くする商品などに配合されている成分です。日本では、まず化粧品メーカーが「まつげの美容液」としてピディオキシジルを配合しました。その育毛結果から、現在では育毛シャンプーや育毛剤にも配合されています。

医薬品である「ミノキシジル」と類似の分子構造を持っている一方で、重篤な副作用を抑えた成分である「ミノキシジル誘導体」であるという特徴があります。つまり、ミノキシジルの副作用を抑えつつ同じような育毛効果が期待できる成分ということで、注目を浴びています。

ミノキシジル誘導体とは

ミノキシジルには毛細血管を拡張する作用があるため、血行が悪くなった頭皮の血液循環を改善し、毛髪の成長や発毛を促進するという効果があります。ところが、もともと高血圧の治療薬として開発された成分のため、多毛症や心臓への負担、頭皮に使用した場合の脂漏性湿疹やかゆみなどの副作用がみられます。

それ故ミノキシジルは、日本では医師の判断によって慎重に処方されています。このミノキシジルの重篤な副作用を取り払って、良く似た効果だけにするように分子構造を組み替えたものが「ミノキシジル誘導体」です。

誘導体とは、その成分が本来持っている性質を変えないように分子を置き換えたり、配列を変えたりした化学化合物のことです。「ビタミンC誘導体」「アミノ酸誘導体」などが広く知られています。これにより、ミノキシジルの欠点であった頭皮への浸透力の弱さや副作用の多さが改善され、ヘアケア製品として育毛剤に配合できるようになりました。

ピディオキシジルの副作用と注意点

ピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」であるため、血圧への影響や頭痛、めまいなどの心配がない成分ですが、副作用がまったくないわけではありません。ここでは、考えられる副作用と注意点について詳しく見てみましょう。

頭皮のかゆみやかぶれ、発疹など

ピディオキシジルは、ミノキシジルの重篤な副作用である多毛症や血圧の急激な低下、心臓への負担などを取り払った成分ですが、頭皮への影響がまったくないとは言い切れません。化学薬品に対して敏感な肌やアトピー体質の人は、ピディオキシジルに対して強い反応を起こす可能性があり、頭皮のかゆみやかぶれ、発疹などの症状が現れることも考えられます。

また、もともと頭皮が乾燥していたり脂っぽかったりする場合にも、フケや脂漏性湿疹などのトラブルが起きる恐れがあります。

副作用のデータがまだ少ない成分であること

ピディオキシジルはまつ毛美容液にも使われてはいるものの、粘膜の炎症やかぶれ、目のかゆみなどの副作用が起こる可能性があるとして、敏感肌の人は注意して使用するよう求められています。また、ピディオキシジルはまだ厚生労働省に認可されていない成分であるため、医学的見地からの臨床データや、詳細な副作用についての報告がありません。

あくまでも、育毛剤メーカーなどの独自の論評やデータでしか情報を得ることができないため、副作用のデータがまだ少ない成分です。

ピディオキシジルの育毛効果

AGA(男性型脱毛症)治療薬として使用されているミノキシジルに類似する効果があるピディオキシジルには、いったいどのような育毛効果が期待できるのでしょうか?ここで詳しく確認していきましょう。

効果1. 髪の成長サイクルを正常に整える

血行不良や栄養不足などによる頭皮トラブルで髪の成長サイクルが乱れると、薄毛や抜け毛の症状が現れます。ピディオキシジルには、この成長サイクルを正常に整える作用があるため、成長途中の抜け毛を防ぎ、新しい髪の毛を健康に成長させることができます。

睡眠不足やストレス、疲労などの生活習慣の乱れによって髪の毛の成長が遅くなったり、抜け毛が増えたりしている薄毛に効果的といえます。

効果2. 毛乳頭細胞を増やして育毛する

ピディオキシジルには、髪の毛を育てる毛乳頭細胞の増殖を促進する作用があります。そのため、衰えてきた毛乳頭部分の働きを再生して活発にし、太くて強い髪の毛を増やす効果が期待できます。頭皮が硬くなったり、紫外線などの影響で弱ったりして生じる薄毛を改善することができます。

ピティオキシジル配合の育毛剤「フィンジア・スカルプエッセンス」

ピディオキシジルが配合された育毛剤は、「スカルプトニック」や「スカルプエッセンス」などの名称で販売されています。その中の一つ「フィンジア・スカルプエッセンス」には、ピディオキシジルが2%配合されています。

さらに、AGAの原因物質の生成を阻害する天然成分が含まれたキャピキシルも5%組み合わせています。このほか、10種類の天然由来の成長成分や、これらの成分が頭皮に浸透しやすいよう毛穴を開く作用があるカプサイシンが含まれているのが特徴です。

ピディオキシジルは、育毛・発毛の分野ではまだ新しい成分なので、副作用についても正しい情報が少なく、今後の臨床データの発表が待たれるところです。しかし、ミノキシジル誘導体ということを考えると、ミノキシジルそのもののような大きな副作用の心配は不要です。うまく活用して、薄毛の改善に役立てましょう。

ページの先頭へ戻る