アデノシン(アデノゲン)の副作用と育毛効果まとめ

気になる抜け毛や薄毛に育毛剤を使う際は、どんな成分が配合されているのかを知ることが大切です。ここでは、髪の毛を成長させる成分「アデノシン」の副作用や効果について、詳しく紹介しています。

アデノシンの基本情報

アデノシンは体内に存在する核酸で、細胞内で遺伝子の情報を伝える役割を果たしています。このアデノシンを頭皮から吸収させる育毛に取り入れたのが、化粧品メーカーの資生堂です。2004年に育毛成分として厚生労働省の認可を受けたため、アデノシンが含まれている育毛剤は医薬部外品に該当します。

アデノシンの副作用

アデノシンは元々、身体の細胞に存在する物質なので、これ自体には副作用がないといえるでしょう。ただ、アデノシンを配合した育毛剤には、他の薬品や育毛成分も配合されているため、それらによって頭皮のトラブルが起こる可能性はあります。

次のような症状が表れた場合は、いったん育毛剤の使用を中止して、症状がおさまるまで様子を見るか、皮膚科を受診しましょう。

  • 頭皮にかゆみや赤みが出た
  • 頭皮に湿疹やかぶれが出た
  • フケが増えた

また、上記のような症状は、育毛剤の使用量を誤っている場合にも起こりやすいです。使用の際には、注意書きにある所定量と回数を必ず守りましょう。すでに頭皮にかゆみや湿疹などがある場合は、症状が悪化することもあります。まずは、元々ある症状の原因をつきとめて治療してから、育毛剤を使い始めることをおすすめします。

アデノシンの育毛効果と注意点

厚生労働省に認可されているアデノシンの育毛効果とは、どのようなものか見てみましょう。また、アデノシンの注意点についても解説します。

FGF-7成長因子によりヘアサイクルを正常化し、健康な髪をつくる

薄毛の人は、加齢によるヘアサイクルの乱れや頭皮の血行不良などによって、髪の毛をつくる毛母細胞の中にある毛乳頭細胞が衰退してしまっていることが多いです。さらに髪の毛が十分に育つ期間が短くなると、細くてコシのない髪の毛が増えます。

そして、ヘアサイクルの最終段階である退行期が早く訪れてしまうと、細い毛のまま抜け落ちてしまいます。資生堂の研究開発により、アデノシンは頭皮に浸透すると毛乳頭細胞に作用し、髪の毛を育てる成長因子FGF-7の生成を促すことが確認されています。

この作用によってヘアサイクルが正常に整えられ、抜け毛を防いでしっかりとした丈夫な髪を育てることができます。

コーヒー愛飲者は注意!

アデノシンには、カフェインによって作用が抑制されてしまうという性質があります。育毛剤は頭皮に塗って使用するため、すぐにアデノシンの効果が邪魔されてしまうわけではありません。

しかし長期に渡って使用する場合は、カフェインによる阻害についても気をつける必要があります。カフェインは、コーヒーや緑茶に多く含まれる成分です。一日に何倍もコーヒーを飲んでいる人は、アデノシンの効果を得るために量を控えたほうが良いかもしれません。

AGA(男性型脱毛症)への効果は薄い

AGAによる薄毛は、男性ホルモンと大きく関係しています。AGAの原因は、男性ホルモンと5α-リダクターゼ酵素が結合して、DHTという別の男性ホルモンを生成してしまうことです。このDHTが、髪の毛を成長させる毛母細胞を攻撃するため、薄毛や抜け毛の症状から完全な脱毛に進行していきます。

このように、アデノシンによる髪の毛の成長促進効果よりも、頭皮へのDHTの影響のほうが大きい場合は、育毛効果が期待できないことが予想されます。AGAによる薄毛の場合は、DHTを阻害する成分が配合された育毛剤を使う必要があるでしょう。

育毛やAGA専門のクリニックでカウンセリングや検査を受けると自分の薄毛がAGAかどうかを見極めることができます。

アデノシンを配合した育毛剤「アデノゲン」

アデノゲンは、資生堂が販売している育毛剤で、一般のドラッグストアや通販で購入することができます。男女問わずに薄毛改善ケアに使うことができるのが特徴です。ホルモンへの影響もないことから、産前産後の女性でも使用できます。

アデノゲンには、アデノシン以外にも、和漢薬用育毛成分であるパナックスジンセンエキスやソフォラ抽出エキスが配合されています。「薬用アデノゲンEX育毛剤」のほか、泡の刺激で血行を促進するアデノゲン配合の育毛トニックや、脂性・乾燥性地肌用のスカルプケアシャンプー・コンディショナーも、シリーズとして販売されています。

抜け毛を改善して太い髪に育てたい人は、ラインナップを試してみるのも良いかもしれませんね。アデノゲンは、一日2回朝晩の使用で、ボトルを10回振った程度が一回の使用量です。以下の3つのポイントを押さえて使用すれば、さらに効果的です。

  • ポイント1. お風呂上りに髪を乾かし、清潔で血行が良くなった地肌に使う
  • ポイント2. 頭皮マッサージで育毛剤の浸透をさらに高める
  • ポイント3. 頭のツボを押したり叩いたりして、血行をさらに良くする

体内にも存在するアデノシンは、副作用の少ない育毛成分です。紹介した副作用や育毛効果を参考に、自分の薄毛の症状に合わせて育毛ケアに役立ててください。

ページの先頭へ戻る