フケが多いのは地肌が汚いせい?放っておくと薄毛の原因になる?

Q:フケが多いのは、地肌が汚いせいでしょうか?
A:答えは「YES」です。

地肌が汚いとフケが増えるうえ、そのままにしておくと薄毛になってハゲに進行する可能性もあります。ここでは、そんな地肌の汚れとフケの関係を詳しく解説していきます。地肌を健康にする方法も細かくアドバイスするので、セルフチェックの仕方と合わせて、ぜひ参考にしてください。

あなたの地肌は汚れてる?地肌とフケのセルフチェック

毎日シャンプーしているのに、フケが減らない!そんな悩みを持っている人はたくさんいます。そこで、まずは自分の地肌とフケをじっくりと観察してみましょう。

明るい場所で鏡を見て観察するのが難しい場合は、スマホなどでフラッシュ撮影をしてズーム機能で拡大すると、頭皮やフケの状態が分かりやすくなります。

乾燥性のフケによる汚れ

乾燥性のフケは、洋服にパラパラと落ちてくる細かいフケです。顔や身体も乾燥肌の人に起こりやすい症状で、季節の変わり目や空気が乾燥する冬になると、症状が悪化する傾向があります。

また、フケを気にして髪の毛を洗い過ぎていたり、洗浄力が強過ぎるシャンプーを使っていたりしても、増えることがあります。以下のようなフケや地肌の状態が見られる場合は、乾燥性のフケにより地肌が汚れています。

  • 細かい粉のようなフケが、髪の毛全体や肩についている
  • 地肌が粉をふいたように白く乾いている
  • 毛穴の周りにも、白くて細かいフケが浮いている
  • 頭皮のかゆみで、地肌にひっかいた傷がある

脂性のフケによる汚れ

脂性のフケは、髪の毛の根元にフケがたまるのが特徴です。顔や身体も脂性肌の人に多く、汗や皮脂の分泌が増える春や夏になると、症状が悪化する傾向があります。また、洗髪が十分でなかったり回数が少なかったりする場合にも、出やすくなります。

以下のようなフケや地肌の状態が見られる人は、脂性のフケにより地肌が汚れている証拠です。

  • フケが髪の毛の根元にたまっている
  • フケの一つひとつが大きくて、頭皮にこびりついているものもある
  • フケが多い場所は、髪の根元や地肌がベットリしている
  • 地肌にニキビや湿疹がある
  • 毛穴が白く盛り上がったり、赤くなったりしている
  • かゆみがあって掻き壊した場所に、またフケが固まっている

地肌が汚いと、フケが増えて薄毛に!

フケが増えると、見た目が不潔そうになるだけではありません。地肌のかゆみや湿疹などの頭皮トラブルにより、大切な髪の毛が育ちにくくなり、薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

ここではまず、地肌とフケに関する素朴な疑問に詳しく答えていきます。自分の地肌が汚い原因が何かを探ってみましょう。

フケって、何?

フケとは、地肌の角質細胞が剥がれ落ちた老廃物です。私たちの身体には、頭皮を含めたすべての皮膚が、一定の期間で生まれ変わる「ターンオーバー」というシステムが備わっています。そのため古い角質が剥がれ落ちること自体は、自然なことです。

正常なターンオーバーによって剥がれ落ちる角質は、目では見えないほど細かくて小さなものです。ところが、なんらかの原因によってターンオーバーが乱れると、角質細胞が大きなフケとなって現れます。

増えてきたフケを放置しておくと、毛髪の成長に悪影響を及ぼします。たかがフケ、と侮らずに対処することが大切です。

地肌が汚いと、フケが増えるの?

地肌が汚いというのは、以下のような状態を指します。

  • フケがある
  • 汚れやほこりがたまっている
  • 皮脂の分泌が過剰で、脂っぽい
  • ヘアケア製品の余分な成分が地肌に残っている
  • ニキビや湿疹がある
  • 汗や皮脂がたまって、臭いがする

皮膚には、健康な状態でも「常住菌」という細菌類が住みついていて、紫外線の吸収を緩和したり、病原菌の進入を阻止したりしています。頭皮は髪の毛が密集しているジャングルのような場所なので、この常在菌の数が他の部位よりも多い状態にあります。

汗や皮脂、地肌の汚れやトラブルなどが原因で常在菌が繁殖すると、雑菌が活性化して脂肪酸が大量に排泄されます。この脂肪酸は地肌を刺激するため、地肌のターンオーバーが早まるきっかけをつくります。

すると地肌の角質細胞が未熟なまま剥がれ落ちて、乾燥性のフケになります。そうなるとバリア機能が低下して外からの刺激に弱い地肌になるため、フケがどんどん増えて、薄毛やハゲに進行する可能性が高まります。

常在菌のなかには、カビの一種であるマラセチアやフルフルという種類があります。これらの真菌(カビ)は、皮脂の分泌が多いと異常繁殖し、フケを増加させます。この症状は女性よりも男性に多く、特に皮脂分泌の多い若い男性や、男性ホルモンの分泌が多い人に見られます。

また、皮膚ダニと呼ばれる微生物やニキビの元になるアクネ菌も、フケを増加させます。これらは頭皮の毛穴にたまっている角栓や皮脂、老廃物であるフケを餌に、どんどん異常繁殖して、さらにニキビや毛穴の詰まりを悪化させます。地肌の皮脂分泌を正常に戻さない限り、フケが増え続けて、薄毛の原因になります。

フケが増えると、なぜ薄毛になるの?

フケが増えているということは、地肌が健康ではないというサインでもあります。髪の毛は、健康な地肌があってこそ、正しいサイクルで成長します。ここで、フケが増加して薄毛や脱毛に進行する、代表的な2つの症状を見てみましょう。

脂漏性脱毛

脂性のフケは、皮脂の分泌が過剰であることから起こりますが、改善しないと脂漏性皮膚炎という炎症を引き起こします。脂漏性皮膚炎になると、脂性のフケを餌とした細菌が異常繁殖し、毛穴を詰まらせて、髪の毛が生えてくる道をふさいでしまいます。

そして、生えてきた毛が細くなって薄毛を招きます。ついには毛が抜け落ちて生えてこないという、脂漏性脱毛が起こります。

ひこう性脱毛

乾燥性のフケが増えると、フケ自体が毛根をふさいでしまい、かゆみやかぶれなどを伴った炎症が起こります。これが、地肌の乾燥性皮膚炎です。乾燥性皮膚炎が慢性化すると、やがて地肌全体も乾燥して髪を固定する力が弱まります。

そして、だんだんと髪が痩せて薄毛や抜け毛に進行していきます。このひこう性脱毛は、男性だけでなく、女性にも多く見られる症状です。

地肌を健康にして、フケをなくそう

フケをなくすためには、まず汚い地肌を健康にすることが何よりも重要です。ここでは、健康な地肌を取り戻すためのポイントとして、ヘアケアと生活習慣の見直し、そして育毛剤を使うことを紹介します。

どれも今日から実行できる簡単なことばかりです。毎日の習慣に取り入れて、薄毛になる前にフケを撃退しましょう!

ポイント1. ヘアケアを見直す

汚れた地肌になる原因をできるだけ取り去るには、まずはヘアケアを見直すことが大切です。次の点に注意して、髪の毛を手入れしましょう。

パーマやカラーリングをやめて、カットで勝負!

パーマやカラーリングの薬剤は、地肌に強い刺激を与えるので、炎症の原因になります。また、強い薬剤が毛根に浸透すると、地肌だけでなく、髪の毛の成長にも悪い影響を与えます。フケを減らすためにも、パーマやカラーリングを控えて、ヘアカットで個性を出す工夫をしましょう。

石油系界面活性剤やシリコンなどが入っていないヘアケア製品を選ぶ

洗浄力の強いシャンプーには、石油系の界面活性剤が使われています。これが頭皮の炎症や、フケをさらに増やすことの原因になります。

また、髪の毛をサラサラにする成分としてシリコンを含んだシャンプーやトリートメントを使用していると、シリコンが毛穴を詰まらせ、さらにフケを増加させます。敏感な肌でも安心なアミノ系シャンプーや石鹸シャンプーに切り替えて、毎日の洗髪を行いましょう。

シャンプーは、1日1回「ゴシゴシはNG!余洗いとすすぎをしっかり」

地肌が脂っぽく、汚れてフケが増える!と思い、ゴシゴシ洗っていませんか?髪を洗わずに放っておくのもフケを増やしますが、逆に洗い過ぎも禁物です。シャンプーの頻度は、脂っぽい地肌の人なら1日1回、乾燥肌の人は2日に1回にしましょう。

ただし、シャンプーの使い過ぎは地肌を傷めるので、余洗いで髪の毛のほこりや汚れを十分に落とした後、指の腹を使って優しくマッサージするように地肌を洗いましょう。そして、すすぎもしっかり行うと、フケがたまるのを防ぐことができます。

濡れた髪の毛はすぐに乾かす!

髪の毛が短いからすぐ乾くと思って、シャンプー後に濡れたまま放置していませんか?地肌が濡れたままだと、細菌が繁殖しやすくなって、さらにフケを増やしてしまいます。お風呂の後は、大きめのタオルでしっかりと髪の毛の水分を吸い取った後、ドライヤーの温風で地肌を乾かす習慣をつけましょう。

ポイント2. 食習慣を見直す

悪い生活習慣は、フケを増やして薄毛やハゲに進行させるプロセスになります。フケを減らすためには、睡眠不足やストレスに注意することも大きなポイントですが、ここでは食習慣の改善についてアドバイスしていきます。

暴飲暴食・スナック菓子・脂っこい食べ物・ジャンクフードは「すべてNG!」

スナック菓子やジャンクフードばかり食べていると、髪の毛に必要な栄養が摂れずに薄毛を招きます。また、これらの食べ物に含まれる化学添加物が、フケの原因になります。

さらに、暴飲暴食や夜遅くまで晩酌をする習慣があると、栄養を運ぶ血液が胃に集中してしまい、地肌の血行が悪くなってフケを増やしてしまいます。

揚げ物や肉類、ラーメンやピザなどの油分の多い食事が好きな人は、脂性のフケが出やすく、脂漏性脱毛の原因にもなるため、なるべく野菜や魚が中心の和食をベースにした食生活に切り替える努力をしましょう。

無理な食事制限ダイエットや、サラダばかりはNG!

量のわりには栄養価が低いサラダばかりで痩せようとしたり、無理な食事制限ダイエットをしたりしていると、身体は取り込んだ栄養を、生命維持に必要な場所に優先的に送ろうとします。地肌や髪の毛は命に支障がない場所のため、栄養が届くのが一番後回しになってしまいます。

栄養が届かなくなった地肌はターンオーバーが乱れ、フケを増やします。また、栄養失調になった毛根からは健康な髪の毛が育たず、抜け毛が起こります。

フケのない健康な地肌や髪の毛の成長には、たんぱく質やミネラル、亜鉛、ビタミン類などの栄養素を、バランス良く摂る必要があります。食事制限をして体重を落とすよりも、血行を良くする運動で脂肪を燃焼することを心がけましょう。

ポイント3. 育毛剤で、フケのない清潔な地肌へ!

毎日のケアに育毛剤を取り入れることをおすすめします。医薬部外品である育毛剤のなかには、頭皮にダメージを与えるような化学薬品を使用していない、無添加のものがあります。自然由来の漢方や天然成分が豊富に配合されているので、地肌を健康に整えることができます。

育毛剤を使うタイミングは、シャンプーをした髪の毛を乾かした後です。清潔で血行が良くなった頭皮に育毛剤を使うと、さらに育毛成分が浸透しやすくなり効果が高まります。

フケは地肌からの危険信号です。たかがフケと油断せず、生活習慣の見直しと育毛剤の使用で、健康な地肌づくりを始めましょう!それが薄毛を防ぐ近道です。

ページの先頭へ戻る