薬用プランテルの効果と副作用、口コミについて調べてみた

百花繚乱の育毛剤・発毛剤市場のなかで、薬用プランテルは「M字ハゲ専用」をうたっている点で、個性的な育毛剤です。特記すべきなのは、従来から内服薬として広く使われている成分を配合していることです。

「ほかの育毛剤ではあまり効果が…」と悩むM字ハゲの男性におすすめの、薬用プランテルのポイントをまとめました。

薬用プランテルとは

薬用プランテルの最大の特徴は、「M字ハゲに効く」と宣伝されていることです。M字ハゲとは、男性ホルモンの過剰な働きによって引き起こされる、男性型脱毛症の症状の一つです。主な有効成分は、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、セファランチンの3つです。

センブリエキスとグリチルリチン酸ジカリウムは、多くの育毛剤に広く利用されている実績のある成分です。セファランチンは育毛剤に配合されている例は少ないですが、元々は円形脱毛症の治療薬として医療現場で使われてきた、れっきとした医薬品です。

薬用プランテルの副作用

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウムについては、副作用は心配しなくてよいでしょう。これらの成分が育毛剤において絶対的なレギュラー選手とも言うべき信頼を得ているのは、その効果のほか、副作用が極めて少ないからです。

医薬品であるセファランチンの副作用の心配は?

セファランチンは医薬品であるため、副作用は皆無ではありません。内服した場合は、胃腸で消化され、肝臓での代謝を経てから効果が出るため、体内で吸収される成分の量が多くなります。そのため胃の不快感やアレルギーによるショック症状などの副作用が、ダイレクトに出やすくなります。

しかし薬用プランテルは頭皮に塗布するタイプであるため、内服するセファランチンとは薬効が生じるまでのプロセスが異なります。塗布した頭皮上で限定的に働くため、内服に比べると体内に吸収されるのはごく微量です。

これらのことから、薬用プランテルに配合されているセファランチンには、内服した場合のような副作用はまずないと考えてよいでしょう。どうしても心配な人は、腕などに塗布してしばらく時間を置き、発疹などのアレルギー反応などが出ないかどうか確認してから使用すれば安全です。

その他の7つの成分も副作用の心配はなし

薬用プランテルには、3つの主要有効成分のほかに、育毛をサポートしてくれる7つの成分が配合されています。このうち、植物から抽出した6つのエキスであるヒオウギエキス、牡丹エキス、ビワ葉エキス、シナノキエキス、海藻エキス、ヒキオコシエキスは、天然成分であることや配合量が微量であることなどから、副作用の心配はありません。

また、もう一つのプロビタミンB5も、優れた肌荒れ防止効果がある成分として多くの化粧品に利用されている実績があり、副作用の報告はありません。

薬用プランテルの効果

毛髪を生みだすのは、毛母細胞や毛乳頭細胞です。こうした細胞も、血管を経由して栄養と酸素をもらうことで生存しています。また頭皮が炎症を起こしていると、細胞もダメージを受けます。

薬用プランテルに含まれるセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウムの2つには、血行改善や抗炎症にたしかな効果があります。これらの効果は、ほとんどすべての育毛剤が効能として挙げているように、育毛にとっては欠かせない要素です。

強力な血行改善効果があるセファランチン

セファランチンには強力な血行改善効果があると言われていて、元々、白血球減少症や円形脱毛症などの治療に使われてきました。内服した場合は免疫機能を強化しようと働きますが、発毛剤として使う場合は、血行改善が主な効果になります。

頭皮に塗布した場合に限っては、毛乳頭細胞の増殖を促す効果があることも確認されています。毛乳頭細胞は毛髪の原料となる毛母細胞を製造する工場にあたる場所なので、セファランチンには発毛を促進する効果が期待できそうです。

5αリダクターゼを阻害する2つのエキス

その他の7つの成分も、育毛を補助的にサポートしてくれる効果があります。特にヒオウギエキスとビワ葉エキスには、男性型脱毛症を進行させる酵素である5αリダクターゼの活性を阻害する効果があるため、M字ハゲに悩む人には適した成分と言えます。

ただ、これらは主要成分ではないため、配合量は極めて微量です。薬用プランテルの効果は、センブリエキスやグリチルリチン酸ジカリウム、セファランチンに由来するものが多いと考えられます。

まとめ

薬用プランテルの最大の特徴は、セファランチンを配合していることです。強力な血行改善効果があるので、男性型脱毛症だけでなく、薄毛全般に広く効果が期待できます。それ以外の成分も、育毛成分としての実績と安全性に定評のあるものばかりです。薄毛に悩む人にとって有力な選択肢の一つとなるでしょう。百花繚乱の育毛剤・発毛剤市場のなかで、薬用プランテルは「M字ハゲ専用」をうたっている点で、個性的な育毛剤です。特記すべきなのは、従来から内服薬として広く使われている成分を配合していることです。

「ほかの育毛剤ではあまり効果が…」と悩むM字ハゲの男性におすすめの、薬用プランテルのポイントをまとめました。

薬用プランテルとは

薬用プランテルの最大の特徴は、「M字ハゲに効く」と宣伝されていることです。M字ハゲとは、男性ホルモンの過剰な働きによって引き起こされる、男性型脱毛症の症状の一つです。主な有効成分は、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、セファランチンの3つです。

センブリエキスとグリチルリチン酸ジカリウムは、多くの育毛剤に広く利用されている実績のある成分です。セファランチンは育毛剤に配合されている例は少ないですが、元々は円形脱毛症の治療薬として医療現場で使われてきた、れっきとした医薬品です。

薬用プランテルの副作用

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウムについては、副作用は心配しなくてよいでしょう。これらの成分が育毛剤において絶対的なレギュラー選手とも言うべき信頼を得ているのは、その効果のほか、副作用が極めて少ないからです。

医薬品であるセファランチンの副作用の心配は?

セファランチンは医薬品であるため、副作用は皆無ではありません。内服した場合は、胃腸で消化され、肝臓での代謝を経てから効果が出るため、体内で吸収される成分の量が多くなります。そのため胃の不快感やアレルギーによるショック症状などの副作用が、ダイレクトに出やすくなります。

しかし薬用プランテルは頭皮に塗布するタイプであるため、内服するセファランチンとは薬効が生じるまでのプロセスが異なります。塗布した頭皮上で限定的に働くため、内服に比べると体内に吸収されるのはごく微量です。

これらのことから、薬用プランテルに配合されているセファランチンには、内服した場合のような副作用はまずないと考えてよいでしょう。どうしても心配な人は、腕などに塗布してしばらく時間を置き、発疹などのアレルギー反応などが出ないかどうか確認してから使用すれば安全です。

その他の7つの成分も副作用の心配はなし

薬用プランテルには、3つの主要有効成分のほかに、育毛をサポートしてくれる7つの成分が配合されています。このうち、植物から抽出した6つのエキスであるヒオウギエキス、牡丹エキス、ビワ葉エキス、シナノキエキス、海藻エキス、ヒキオコシエキスは、天然成分であることや配合量が微量であることなどから、副作用の心配はありません。

また、もう一つのプロビタミンB5も、優れた肌荒れ防止効果がある成分として多くの化粧品に利用されている実績があり、副作用の報告はありません。

薬用プランテルの効果

毛髪を生みだすのは、毛母細胞や毛乳頭細胞です。こうした細胞も、血管を経由して栄養と酸素をもらうことで生存しています。また頭皮が炎症を起こしていると、細胞もダメージを受けます。

薬用プランテルに含まれるセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウムの2つには、血行改善や抗炎症にたしかな効果があります。これらの効果は、ほとんどすべての育毛剤が効能として挙げているように、育毛にとっては欠かせない要素です。

強力な血行改善効果があるセファランチン

セファランチンには強力な血行改善効果があると言われていて、元々、白血球減少症や円形脱毛症などの治療に使われてきました。内服した場合は免疫機能を強化しようと働きますが、発毛剤として使う場合は、血行改善が主な効果になります。

頭皮に塗布した場合に限っては、毛乳頭細胞の増殖を促す効果があることも確認されています。毛乳頭細胞は毛髪の原料となる毛母細胞を製造する工場にあたる場所なので、セファランチンには発毛を促進する効果が期待できそうです。

5αリダクターゼを阻害する2つのエキス

その他の7つの成分も、育毛を補助的にサポートしてくれる効果があります。特にヒオウギエキスとビワ葉エキスには、男性型脱毛症を進行させる酵素である5αリダクターゼの活性を阻害する効果があるため、M字ハゲに悩む人には適した成分と言えます。

ただ、これらは主要成分ではないため、配合量は極めて微量です。薬用プランテルの効果は、センブリエキスやグリチルリチン酸ジカリウム、セファランチンに由来するものが多いと考えられます。

薬用プランテルの最大の特徴は、セファランチンを配合していることです。強力な血行改善効果があるので、男性型脱毛症だけでなく、薄毛全般に広く効果が期待できます。それ以外の成分も、育毛成分としての実績と安全性に定評のあるものばかりです。薄毛に悩む人にとって有力な選択肢の一つとなるでしょう。

ページの先頭へ戻る