フィンジアの効果と副作用、口コミについて調べてみた

育毛剤として最近話題の「フィンジア」を知っていますか?2015年に発売された新しい育毛剤で、売り切れによる在庫不足が続き話題になっています。はたしてその中身はどのようなものなのでしょうか?副作用や効果など、気になるポイントをまとめてみました。

フィンジアの基本情報

フィンジアは株式会社ユーピーエスが製造・販売する育毛剤です。育毛効果をうたっていますが、医薬部外品指定はされていないので、化粧品に分類されます。

主な有効成分は、キャピキシルとペディキシジルです。どちらも新しく開発された育毛成分で、製造メーカーの実験によると、血流を大幅に改善して発毛を促す成分であるミノキシジルと比べても遜色ない効果があるとされています。そのため「ミノキシジルの後継」として、薄毛で悩む人から大きな期待が寄せられています。

フィンジアの副作用

フィンジアの主要成分はキャピキシルとピディオキシジルなので、この2つの成分に副作用があるかをチェックしてみましょう。

キャピキシルの副作用の有無は?

キャピキシルとは、アカツメクサエキスとアセチルテトラペプチド-3で合成された成分です。アカツメクサエキスは、天然由来のイソフラボンの一種です。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、大量に摂取すると月経周期の乱れや子宮内膜増殖症などの副作用が起きやすくなると言われています。

しかし、キャピキシルは内服ではなく頭皮に塗布する成分であり、通常使用の範囲なら体内に吸収される量もわずかなので、心配無用です。もう一つの構成成分であるアセチルテトラペプチド-3も、人体にもともとあるアミノ酸を複合させた物質なので、副作用については心配しなくてよいでしょう。

ピディオキシジルの副作用の有無は?

ミノキシジルには、めまいや低血圧、不整脈などの副作用が起きる可能性があります。ピディオキシジルは、このミノキシジルを人為的に改変した化学物質で、副作用がミノキシジルより少ないと考えられています。

フィンジアの効果

新しい育毛成分として期待されているキャピキシルはカナダのルーカス・マイヤー・コスメティクス社が、ペディキシジルはインドのクマール・オーガニックプロダクツ社が製造しています。

脱毛の原因をおさえ、頭皮の細胞を修復するキャピキシル

イソフラボンの一種であるアカツメクサエキスは、抜け毛の大きな原因である酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害すると言われています。もう一つの構成成分アセチルテトラペプチド-3は、3つのアミノ酸分子を人工的に合成したもので、強力な細胞修復能力をもつと言われています。

毛乳頭細胞の周辺にあるコラーゲン組織を修復することにより、毛髪が頭皮に定着するようサポートします。キャピキシルについては、開発元が育毛効果の実験を行っています。公開されている実験データによると、アセチルテトラペプチド-3にはミノキシジルの3倍の育毛効果があるとされています。

ピディオキシジルはミノキシジルの改良版?

もう一つの有効成分であるピディオキシジルとは日本での名称で、海外ではコピロールと呼ばれています。これは、ミノキシジルの誘導体です。誘導体とは、ある化学成分の構造を人為的に一部変更し、副作用を減らしたり、体内での安定性を高めたりした化学成分のことです。例えば、ビタミンA誘導体のレチノールなどが有名です。

開発元はマウスを使った実験により、ピディオキシジル(コピロール)にミノキシジルと同等の効果があることを証明しています。それに加えてミノキシジルのような強い副作用がないため、「夢のような育毛成分」とうたっています。

人間を対象にした実験で同様の結果が得られれば、ピディオキシジルはミノキシジルに代わる新時代の成分として認知されるでしょう。

カプサイシンで有効成分の浸透性をアップ

さらにフィンジアには、カプサイシンが配合されています。カプサイシンの効果により頭皮の毛穴を開かせ、有効成分が浸透しやすくなるよう設計されています。

フィンジアの成分であるキャピシルとピディオキシジルは、ミノキシジルの独走状態だった育毛業界に変革をもたらし、多くの期待が寄せられています。効果や副作用、利用者の口コミなどを参考にして、自分に合った育毛剤を選びましょう。

ページの先頭へ戻る