あなたは読める?海外の育毛剤は当然説明書も外国語!

一般的に、海外の育毛剤や発毛剤は、日本国内で製造されたものより効き目が強いと言われています。インターネットが普及した現代、個人輸入で気軽に購入している人も多いです。しかし海外の育毛剤は、当然説明書も外国語です。その国の言葉が読めればいいですが、読めない場合どんなことが考えられるのでしょうか?しっかりと確認しておきましょう。

海外の育毛剤を購入する人が増えている?

海外の育毛剤や発毛剤を購入する人が増えています。特にインターネットで購入できる個人輸入は大変人気です。そもそも、どうして増えているのでしょうか?

理由1. 手間いらず

発毛剤は医薬品なので、本来医師の診断が必要ですが、個人使用に限って個人輸入で購入することができます。また育毛剤は、海外製品に限らず薬局で買うことができますが、インターネットで購入するなら薬局に行く手間がいりません。

理由2. 効き目が強い

海外の育毛剤や発毛剤は、日本人より体格のいい外国の人の体質に合わせて、育毛や発毛の成分が強いことが多いです。国産の製品で効き目を実感できなかった人でも、海外製品だと効果が表れたという人もいます。

理由3. 安い

海外製品のメリットとして取り上げられるのは、国内で生産された製品に比べて安いことです。海外と日本の物価、レートの違いから値段が安くなります。さらに発毛剤に関して言えば、医師の診断や通院にかかる費用が必要ありません。

海外の育毛剤の説明書は外国語

これらの一見メリットと思えるようなことが、落とし穴になることがあります。前提として、海外製品は説明書も外国語なので、安全に使うのが難しいと言えます。

自分の体質に合っているか分からない

医師の診断も受けず、外国語の説明書の意味も分からないとなれば、自分に合っているか判断できません。そもそもどんな成分が入っているのか、どんな人が使ってはいけないのかが分からないので大変危険です。

例えば、アルコールやエタノールに関して外国語で記載があっても、外国語が理解できず見落としてしまえば、大変な副作用が表れる可能性が出てきます。アルコールやエタノールには水分を蒸発させる働きがありますが、頭皮の水分が蒸発してカサカサになってしまうと、炎症やかぶれが起きやすくなります。

これをそのままにしておくと、かえって薄毛が進行してしまうことがあります。髪を生やそうとして育毛剤を購入したつもりが、抜け毛を促しているとしたらショックですよね。

また、発毛成分であるミノキシジルは血圧に作用するため、血圧が低い人や、血圧が高くてすでに血圧降下剤を飲んでいる人が使用すると、血圧が低くなり過ぎて全身の血流が悪くなる危険性があります。脳の血流が悪くなると、めまいや頭痛を引き起こし、さらに脳梗塞を誘発することもあります。

正しい用法用量が分からない

説明書には正しい使い方や量が載っていますが、その外国語が読めなければ、その通りに使うことができません。しかも海外製品は、製造された国の人の体質に合わせて作られています。一般的に海外製品が国産のものよりも効き目が強いと言われるのは、そのためです。

正しい使い方や量、どのくらい作用するものか分からないものを使うのは、もはや人体実験と言えるでしょう。

安くて良いものとは限らない

安いといって喜んでばかりもいられません。育毛剤や発毛剤の海外製品は、偽物が多く出回っています。偽物は本物そっくりに作られているので、見分けるのは難しいです。そのうえ外国語が分からなければ、外国語の雰囲気に騙されて偽物をつかまされることもあります。

成分が少ない偽物なら、効果が全く表れず、お金の無駄になります。逆に成分が多過ぎれば、効き目が強い反面それだけ副作用が強く出ます。すると、かえって抜け毛が増えたり、時には命に関わる重篤な症状になったりする恐れがあります。

さらに不衛生な環境で作られた偽物の場合、細菌による別の病気を発症する可能性もあります。そのため、外国語が理解できず、本物と偽物の見分けがつかない人は、安易に安い海外製品に飛びついてはいけません。

育毛剤は国内生産のものを!

薄毛治療を安心して行うためには、育毛剤や発毛剤は、国内で生産されたものがおすすめです。これがどのような安心・安全につながるのか、見ていきましょう。

使用上の注意が守れる

国内で生産された育毛剤なら、もちろん説明書も日本語なので読めます。どんな人に使うことができないか、そしてどんな症状が表れたら使用を中止すべきかなどの禁忌も、正しく理解できるでしょう。そのため最初から自分の体質に合うものを選ぶことができますし、使ってみて万が一合わなくても、対処の仕方が分かるので安心です。

特に最近は、エタノールフリーや自然由来の成分が配合された育毛剤も販売されています。肌が敏感な人はこうしたものを選びたいですが、日本語で表記されている国内生産のものなら、それが簡単にできます。

用法用量が守れる

育毛剤の多くは頭皮の血流を良くし、頭皮の隅々にまで酸素や栄養を行き渡らせることによって発毛を促すものです。しかし頭皮の血流が良くなると、男性ホルモンが活発に働き、皮脂が分泌されるようになります。

正しい量を守らずたくさん頭皮に塗ると、この皮脂が過剰に分泌し、育毛剤の成分と混ざって頭皮がベタつく副作用が表れやすくなります。頭皮のベタつきは、放っておくと炎症を起こし、薄毛の原因になります。このように、育毛剤はつければつけるほど髪が育つ、という単純なものではありません。正しい用法用量を守ることが大切です。

国内生産のものなら、日本人の体質に合わせて用法用量が決められています。説明書にはそれがしっかりと記載されているので、守って使用すると、副作用が起きる可能性を最小限にすることができます。

確認された品質と安全性

国内生産の育毛剤は、医薬部外品に分類されます。医薬部外品とは、専門機関による安全性の試験を受け、厚生労働省に申請を出し、承認されたものだけが認められるものです。一定量の育毛成分が入っていなければ承認されないので、効果のお墨付きを得ていると言えます。そのため国内のものを選ぶと、偽物をつかまされて危険な目にあうことから守られます。

まとめ

海外の育毛剤や発毛剤は当然、説明書も外国語で書かれています。外国語が理解できないと、使用上の注意や用法用量を守ることができません。そして、そもそも海外の育毛剤は、日本人の体質に合っておらず、時には偽物もあります。国内で生産された製品を選び、安心して薄毛治療に励みましょう。

ページの先頭へ戻る