育毛剤(発毛剤)を使ったら多毛症になる?

育毛剤や発毛剤を使って、体毛が濃くなったなんて聞いたらどう思いますか?最近では、女性ばかりでなく男性でも体毛の濃さを気にする人は多くいます。知識のないまま育毛剤や発毛剤を使ってガッカリしないように、起こり得る副作用や対処法をしっかり理解しておきましょう。

発毛剤の副作用に多毛症?

薄毛対策の製品は大きく分けて、厚生労働省によって薬として認められている医薬品の発毛剤と、一定の効果が認められた医薬部外品の育毛剤があります。体毛が濃くなる副作用が出るのは発毛剤の方です。

多毛症で体毛が濃くなる

体毛が濃くなる症状を、多毛症と言います。毛の数が増えるわけではありませんが、柔らかくて細い、色が薄い軟毛が、硬くて太い、色が濃い硬毛に変わる症状です。

成人の毛髪や眉毛、まつ毛、陰毛、わき毛、ひげは硬毛です。多毛症になると、胸毛や腕毛、指の毛、足の毛など本来軟毛の部分も、濃く太い硬毛になります。女性の場合は濃いひげが生えてくることさえあります。

多毛症の原因は男性ホルモン

多毛症は、男性ホルモンが主な原因です。男性ホルモンは男性が男性らしい身体になるためのホルモンですが、女性の身体のなかにも存在しています。なかでもテストステロンは、体毛を濃く太い硬毛にする働きがあります。

一方で、女性ホルモンが働くと、体毛は女性らしく薄くなっていきます。女性ホルモンのなかでもエストロゲンは、体毛を薄く細い毛にする働きがあります。

発毛剤のどんな成分が多毛症を起こすの?

多毛症を起こす発毛剤の成分には、ミノキシジルがあります。ミノキシジルはもともと血行を良くして血圧を下げるために開発された成分で、この血行が良くなる作用を生かして発毛剤としても利用されています。発毛剤では、頭皮に塗るものと、タブレットで服用するものがあります。

多毛症の副作用が出るのは、主に服用するミノキシジルタブレットの方です。ミノキシジルタブレットを服用すると、頭皮だけでなく全身の血行が良くなるので、全身の毛母細胞が活性化します。そうなると全身で濃く太い毛が生えやすい状態になります。

発毛剤の成分フィナステリドは?

ミノキシジルと並ぶ発毛剤の成分であるフィナステリドを含む発毛剤でも、体毛が濃くなったという口コミを多く見かけます。フィナステリドは、日本国内で唯一AGA治療の発毛剤として厚生労働省に認可されたプロペシアなどに含まれています。

プロペシアはミノキシジルタブレットと同様、服用して用いるものです。薄毛は主にジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが原因ですが、これはテストステロンという別の男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素がなければつくられません。

フィナステリドはこの5αリダクターゼの働きを抑制して、ジヒドロテストステロンをつくらせなくする作用があります。そのため、フィナステリドを含む発毛剤単体で多毛症になる可能性は極めて低いです。

考えられるのは、フィナステリドを含むプロペシアなどを服用していた人の多くが、ミノキシジルタブレットを同時に服用していたという点です。プロペシアとミノキシジルタブレットは作用が違うため、併用は良くあることです。それ故、ミノキシジルの作用で多毛症が起こった可能性が高いと言えます。

しかし、プロペシア単体でも体毛が濃くなったという口コミがあるのも事実です。このように、人の身体にどんな風にフィナステリドが作用するのかは、まだ明らかになっていない点が多くあります。

発毛剤が原因で多毛症が起こったら?

では、ミノキシジルタブレットなど発毛剤を服用して多毛症が起こったらどうしたらいいのでしょうか?5つの対処法をチェックしておきましょう。

対処法1. ミノキシジルの配合量を下げる

ミノキシジルタブレットで発毛を実感しているので使い続けたいという人は、発毛の実感が得られて体毛が濃くならない、ちょうどいい濃度を自分で見つける必要があります。ミノキシジルタブレットは、10mg、5mg、2.5mg配合のものがあります。そのなかから自分の身体に合ったものを選ぶことができれば、使い続けることができるでしょう。

対処法2. ミノキシジルタブレットを中止する

ミノキシジルの成分が含まれた発毛剤には、服用するミノキシジルタブレットのほか、頭皮に塗るタイプの外用薬があります。体毛の濃さが気になるようなら、ミノキシジルタブレットの服用は中止しましょう。そして、外用薬を使用することをおすすめします。

対処法3. エステで脱毛しよう

昔はエステと言えば女性だけのものでしたが、最近はメンズエステもたくさんあります。たとえ体毛が濃くなったとしても発毛効果を失いたくないなら、エステで脱毛してもらう方法もあります。ただし費用が余計にかかってしまうことは十分考慮しましょう。

対処法4. 発毛の専門家に聞こう

ミノキシジルタブレットについては、自分の身体に合ったちょうどいい配合量を自分で見つけることは難しいです。AGAスキンケアクリニックなどの発毛の専門家なら、カウンセリングを重ねることによって、副作用を抑えながら発毛を実感できる適切な量を処方してくれます。

対処法5. 育毛剤から始めよう

体毛が濃くなる多毛症を軽く考える人もいますが、副作用は連鎖的に出てきます。自分の身体に負担をかけたくないと思ったら、育毛剤から始めるのは賢い選択と言えるでしょう。

多毛症の症状には、ミノキシジルという発毛剤の成分が大きく関係しています。ただし、フィナステリドを含む発毛剤で体毛が濃くなったと感じた人がいるように、発毛剤の作用はまだ明らかになっていないこともたくさんあります。

安心して育毛ライフを始めたい人は、副作用の少ない育毛剤からスタートしてみるのも一つの方法でしょう。

ページの先頭へ戻る