育毛剤を使うと体重が増えるって本当?

育毛剤を使用して体重が増えるって、聞いたことありますか?薄毛治療に悩む女性はもちろん、男性でも体重が増えるのは嫌なものです。しかし、ここには少し誤解もあるので、しっかりと正しく理解しましょう。

育毛剤を使うと体重が増えるって本当?

育毛剤は、厚生労働省によって主に医薬部外品に分類されるもので、すでに生えている毛髪を育てます。頭に直接塗って使うものですが、この育毛剤によって体重が増えることがあるのでしょうか?

育毛剤で体重が増えることはない

育毛剤の副作用で報告されているのは、頭皮のベタつきです。血行が良くなって皮脂の分泌が盛んになって起こる場合と、育毛剤そのものにベタつく成分が含まれている場合があります。しかし、体重が増えたという報告は、これまでされていません。

体重が増えるのは飲むタイプの発毛剤

では、育毛剤で体重が増えるかもしれないという声はどこから来たのでしょうか?それは、飲むタイプの発毛剤によって体重が増えたという声が、インターネットやSNS上に挙がっているからです。発毛剤は髪のないところに毛を生やすもので、厚生労働省によって医薬品に分類されています。

2つのタイプがあり、1つは育毛剤と同じように頭に直接塗って使用するものです。もう1つは飲むタイプで、タブレット状になっています。これは薬として身体に取り込んで発毛を促すので、成分が頭皮だけに効くわけではありません。そのため様々な副作用が報告されており、その中の1つが体重増です。

飲むタイプの発毛剤はどうして体重が増えるの?

では、飲むタイプの発毛剤のどんな成分が、体重増の副作用を引き起こすのでしょうか?そのメカニズムも合わせて確認していきましょう。

体重が増える成分はミノキシジル

ミノキシジルが含まれる飲むタイプの発毛剤は、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)です。ミノキシジルが働くと血管が拡張し、血流が良くなります。この作用を利用して、ミノキシジルは発毛剤として使われています。

しかし、この血管拡張作用が、繊細な人の身体の機能を狂わせてしまいます。血液の流れが速くなると、血液の濃度は一気に薄まります。そうすると、私たちの身体は防御反応により血液濃度を保とうとして、血液の水分が血管から細胞の間に流れていきます。

これがむくみとなって現れ、水太りの状態となって体重が増えてしまいます。ミノタブは服用を中止すると発毛効果がなくなってしまうため、副作用が起きても我慢して飲み続ける人が多い傾向にあります。

フィナステリドも体重増を引き起こす可能性がある

フィナステリドは、プロペシアなどの飲むタイプの発毛剤に含まれている成分です。製造会社の説明書きには体重増の副作用は書かれていませんが、この成分でも体重が増えたという報告がみられます。

フィナステリドは人工的に作られた成分なので、体内に入った時に私たちの身体は異物として認識します。そのため胃に負担をかけ、胃酸の過剰な分泌を促すことがあります。胃酸が過剰に分泌されると、最初は胃の不快感があって食事ができなくなります。

そしてその反動で、食事で得たカロリーをため込みやすい体質になるため、体重が増えることがあります。いわば、ダイエットのリバウンドのような状態です。さらにフィナステリドは、血液を通して身体全体に巡る過程で、腎機能にも負担をかけます。

腎機能が低下すると尿をうまく排出できなくなり、身体に不要な水分が溜まった状態になります。そうすると、むくんだ水ぶくれの状態になって、体重が増えてしまう可能性も考えられます。

飲むタイプの発毛剤で体重が増えたらどうしたらいいの?

飲むタイプの発毛剤を服用して体重が増えた場合、食事や運動で体重を抑えながら発毛剤を飲み続けてもいいのでしょうか?答えは、Noです。副作用が出た状態で服用し続けるのは危険なので、ただちに中止しましょう。

それは、血管やリンパ管、腎機能などに負担がかかっているからです。この状態を放置すると、女性が気になるセルライトが現れたり、血管の病気である慢性静脈不全、さらに重篤化すると心不全に発展したりします。

腎機能が低下して腎不全になると、尿がうまく出なくなります。すると身体に老廃物や毒素をため込んだ状態になり、様々な病気を招く原因になります。

安心な育毛剤から始めよう

飲むタイプの発毛剤は、発毛効果を実感した人が大勢いる一方で、副作用のリスクが大きいです。体重増のほか、勃起不全や頭皮のかゆみ、頭痛、めまい、吐き気など多くあります。一方、育毛剤は、頭皮のベタつきという副作用がありますが、アミノ酸系の頭皮にやさしいシャンプーを使用したり、食習慣や生活習慣を規則正しくしたりすることで、抑えることができます。

なかには自然由来の成分でできていて、アルコールやエタノールが入っていないなど、副作用のリスクが少ないものも販売されています。副作用が気になる人は、そうした育毛剤から始めることをおすすめします。

まとめ

育毛剤で体重が増えることはありません。こうした副作用が懸念されるのは、飲むタイプの発毛剤です。この発毛剤を使って体重が増えたら、危険なのですぐに服用を中止しましょう。副作用が気になる人は、頭皮にやさしい育毛剤から始めましょう。

ページの先頭へ戻る