逆に抜け毛が増える!?育毛剤(発毛剤)で起こる初期脱毛とは

毛髪を大切にし増やすための育毛剤や発毛剤で逆に抜け毛が増えるとしたら、がっかりしてしまいますよね。

この2つは混同されやすいですが、実は抜け毛が増えるのは発毛剤です。これを初期脱毛と呼びますが、必ずしも副作用とは限らず、発毛の過程で起こることもあります。これについて、詳しく見ていきましょう。

発毛剤で抜け毛が増える初期脱毛の仕組み

初期脱毛とは、発毛剤の使い始めから2週間〜2か月後に抜け毛が増える症状のことです。不健康な毛髪が元気で健康な毛髪に生え変わる過程で起きるため、発毛剤がしっかり効いている証拠ともいえます。

では、この初期脱毛のメカニズムを確認しておきましょう。

毛髪にはヘアサイクルがある

人の毛髪には、毛髪が生え変わる成長期、退行期、休止期のヘアサイクルがあります。成長期は、毛髪が生えて成長する期間です。そして退行期は毛髪の成長がストップし、休止期は毛髪が抜けるのを待っている期間です。

初期脱毛は休止期に起こる

発毛剤は毛髪の信号を司っている毛母細胞に働きかけて、休止期の状態の毛髪を成長期に移行させます。休止期は本来3か月ありますが、発毛剤によりヘアサイクルが早まると、休止期の状態の毛髪が一気に抜け落ちてしまいます。これが初期脱毛です。

しかし、抜け落ちた毛の下からは元気な毛髪が生えてきています。細い元気のない毛髪が、このヘアサイクルをくり返しながら少しづつ太い毛に生え変わり、やがて太く元気な毛髪になっていきます。

発毛剤のどんな成分が初期脱毛を引き起こす?

このように発毛剤は、毛母細胞に働きかけてヘアサイクルを早めることによって、初期脱毛を起こします。では、発毛剤のどんな成分が初期脱毛を引き起こすのでしょうか?

ミノキシジル

ミノキシジルは毛母細胞に働きかけて発毛を促す代表的な成分です。実際に、ミノキシジルが配合された発毛剤を使った多くの人が、初期脱毛を経験しています。またその半年後に第二期脱毛期も経験する人もいます。

フィナステリド

フィナステリドも、毛母細胞に働きかけて発毛させることが証明されている成分です。この成分が配合された発毛剤を使い、初期脱毛を経験している人も多くいます。

発毛剤が合わなくて抜け毛が増えることも

ただし初期脱毛は、発毛剤が正常に効いている故に起こっている症状とは言いきれません。発毛剤が頭皮に合わずに炎症を起こすことにより、抜け毛が起こっている可能性もあります。発毛剤に含まれる成分の副作用の側面を解説します。

刺激が強いミノキシジル

ミノキシジルは発毛効果があることが実証されている反面、様々な副作用が報告されています。そのなかに皮膚の炎症があり、肌の弱い人には刺激が強すぎる場合があります。そのため、アレルギー反応を起こして頭皮に炎症が起こり、そこから抜け毛が増えることもあります。

強力で長く続くフィナステリドの初期脱毛

人の毛髪は1日80〜100本抜けると言われていますが、フィナステリドを含む発毛剤を使用した人の初期脱毛は、強力で長い場合があります。個人差はありますが、1日300〜400本抜けることが2ヶ月続くこともあります。

すると、新しい毛髪に生え変わる前に、見るも無残な姿になってしまいます。ウィッグや帽子で対処する人もいますが、本末転倒です。

発毛剤で抜け毛が起きたらどうすればいいの?

では、発毛剤を使っていて初期脱毛の症状と思われる抜け毛が起きたら、どんな風に対処すればいいのでしょうか?3つの方法をチェックしておきましょう。

対処法1.すぐに発毛剤の使用を中止する

その初期脱毛が、発毛剤が正しく効いている証拠なのか、それとも発毛剤が合わなくて起きた炎症によるものなのかは、残念ながら素人には判断しづらいです。

初期脱毛だと信じて待ち続けた結果、取り返しのつかないことになった人もいます。自分で判断して発毛剤を使い続けるより、一旦使用を中止することをおすすめします。

対処法2.皮膚科の受診

発毛剤の使用がきっかけで抜け毛が起きた場合は、専門家に診てもらうことが大切です。皮膚科の医師なら、頭皮を観察して初期脱毛の理由を判断してくれます。発毛剤により頭皮に炎症が起きていれば、鎮める薬を処方してもらえます。

対処法3.発毛のプロに

AGAスキンケアクリニックなど発毛のプロに診てもらうと、安心できるでしょう。現在使っている発毛剤を中止すべきかどうかの判断だけでなく、一人一人の身体や頭皮に合った効果的な発毛剤を処方してくれます。

発毛剤は発毛効果が期待できますが、その分副作用も強く現れます。初期脱毛は発毛剤が効いている証拠でもありますが、逆に発毛剤がきっかけで炎症が起きている副作用の場合もあります。

素人には見分けはつきにくいです。薄毛を改善するなら、まずは副作用の少ない育毛剤から始めることをおすすめします。

ページの先頭へ戻る