育毛剤(発毛剤)でニキビやふきでものができた時の対処法

薄毛や抜け毛の対策である育毛剤や発毛剤のうち、特に発毛剤は効果が高い反面、多くの副作用があることが知られています。その副作用の一つに、ニキビやふきでものがあります。

発毛剤を使ってニキビやふきでものができてしまった場合、どのように対処したらいいのでしょうか?詳しく解説していきます。

育毛剤の違いと発毛剤の違いを確認しておこう

発毛剤の使用でたくさんの副作用が報告されていますが、まずは育毛剤と発毛剤の違いをしっかりと抑えて誤解のないようにしましょう。

育毛剤とは?

育毛剤は、基本的には今ある髪に働きかけるもので、外用薬として頭皮に直接塗ります。そしてほとんどの製品は厚生労働省によって有効な成分が入っていると認められた医薬部外品になります。

副作用は、頭皮のベタつき、ただれ、かゆみといった比較的軽いのが特徴です。

育毛剤によって、ニキビやふきでものができた場合は?

育毛剤によってニキビやふきでものが起こることは少ないですが、もしもニキビやふきでものが出てしまった場合は使用をしばらく止めて様子をみましょう。

発毛剤とは

発毛剤は、基本的には髪が生えていない部分に髪を生えさせるためのもので、頭皮に塗る外用薬の他に、飲用する内服薬があります。

こちらは成分が強いため医薬品の部類に入り、副作用も性欲減退、初期脱毛など比較的強いのが特徴です。

発毛剤の副作用にニキビやふきでもの?

薄毛対策の製品は、大きく分けて2つあります。現在ある髪に働きかけて抜け毛を防ぐ育毛剤と、髪のない部分に働きかけて発毛を促す発毛剤です。このうち、副作用でニキビやふきでものができやすいのは、発毛剤の方です。

まずは、ニキビやふきでものの特徴や原因について、確認しておきましょう。

ニキビとは?

ニキビとは尋常性ざ瘡という皮膚の病気です。過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まると、それをエサにアクネ菌が毛穴で増殖します。ニキビはそのアクネ菌が炎症を起こすことによって生じます。主に10代の成長期に見られ、大人になるにつれて減っていきます。

ふきでものとは?

ふきでものは大人ニキビとも呼ばれ、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れることによって起きるため、くり返しできる傾向があります。

男性ホルモンの働きが活発になると、皮脂が過剰に分泌されます。その皮脂が押し広げて毛穴が開くと、皮脂やゴミ、汚れが付着し、毛穴は目詰まりを起こします。すると、炎症が起きるようになります。

逆に女性ホルモンが活発に働き過ぎると、皮脂が抑えられて頭皮は乾燥します。すると、ブドウ球菌などの常在菌に対する防御ができなくなり、炎症が起きます。

さらに内臓に負担がかかることも、原因の一つになります。体内の老廃物がうまく排出できないと、ふきでものとなって現れます。

発毛剤のどんな成分が原因か?

これらのニキビやふきでものは、発毛剤のどんな成分によって引き起こされるのでしょうか?代表的な2つの成分の特徴や副作用を起こす仕組みについて、紹介します。

ミノキシジル

成分の一つは、ミノキシジルです。ミノキシジルには血管を広げて血流を良くすることにより血圧を下げる働きがあるため、元々高血圧の治療薬として使われてきました。しかし近年、この血流を良くする働きを利用して、抜け毛や薄毛治療に使われるようになりました。とても高い発毛効果がみられる一方で、副作用が報告されているのも事実です。その副作用の一つが、ニキビやふきでものです。

ミノキシジルは血管を拡張して血流を良くし、血液を通して頭皮の隅々まで栄養を行き渡らせ、発毛を促します。その過程で頭皮の血流が良くなると、細胞分裂が盛んになります。すると皮脂腺の働きも盛んになって、皮脂が過剰に分泌されるようになります。過剰な皮脂は毛穴を詰まらせるので、アクネ菌が炎症を起こしてニキビやふきでものができる原因になります。

フィナステリド

フィナステリドが成分の発毛剤は、飲用して使うものです。薄毛を引き起こす原因として、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが関係している場合がありますが、フィナステリドはその男性ホルモンの働きを抑えて、発毛を促すものです。

そのため、男性ホルモンが原因である皮脂の分泌が抑えられ、ふきでものができにくくなります。しかし、フィナステリドを含む発毛剤を飲み始めてふきでものができたという声があるのは事実です。

これは、併用している発毛剤の影響で皮脂が過剰分泌したか、あるいは女性ホルモンが活発に働いたことによって皮脂が少なくなり過ぎ、細菌による炎症が起きた可能性があります。また、フィナステリドは肝臓と腎臓に負荷をかけるので、うまく老廃物を処理できずに、ふきでものとして現れた可能性も考えられます。

発毛剤によるニキビやふきでものの対処法

このように発毛剤の成分により、ニキビやふきでものができる仕組みに違いがあります。では、それぞれの成分を含んだ発毛剤を使用してニキビやふきでものができた場合、どのように対処したら良いのか、見ていきましょう。

ミノキシジルを含む発毛剤の場合

ミノキシジルは皮脂の過剰分泌によりニキビやふきでものを引き起こします。そのため、頭皮の皮脂を取り除くことや、ほかの要因により皮脂を過剰に分泌させないようにする必要があります。

対処法1.シャンプーでしっかりと毛穴の皮脂を取り除く

正しい仕方でシャンプーをし、毛穴の皮脂をしっかりと取り除きましょう。お湯だけで予備洗いをしたら、手のひらでシャンプーを泡立て、指の腹でやさしく頭皮をマッサージしながら洗います。シャンプーは、肌にやさしいものを使いましょう。

そして大切なのはすすぎです。シャンプー剤が残っているとそれも炎症の原因になるため、念入りにすすぎましょう。

対処法2.食事で皮脂の過剰分泌を防ぐ

食事のメニューを工夫すると、皮脂の過剰分泌を緩和することができます。効果的なのは、ビタミンBとビタミンCです。ビタミンBを多く含むレバーやマグロ、納豆などを取り入れましょう。またビタミンCを含むものとしては、レモンやいちごなどのフルーツ類のほか、ブロッコリーやピーマンもおすすめです。

対処法3.ほかの要因で皮脂を分泌させない

ミノキシジルにより皮脂が過剰に分泌された状態なので、ほかの要因でさらなる皮脂の過剰分泌を招き、追い打ちをかけるのは避けたいところです。

脂っこい食事は皮脂の過剰分泌を促します。またストレスや寝不足は、男性ホルモンの働きを活発にする交感神経を優位にするため、皮脂が過剰になります。ストレスのため過ぎ、寝不足には気をつけましょう。

フィナステリドの場合

女性ホルモンの活発化により皮脂の分泌が減って乾燥した場合と、肝臓や腎臓の機能が低下した場合の2つの可能性が考えられます。対処法をそれぞれ紹介します。

対処法1.頭皮が乾燥した場合

ニキビやふきでものは、清潔にしておかないとさらに悪化してしまいます。汚れが付着しやすくなるため、ローションやオイルなどで油分を補うのは控えましょう。

まずはシャンプー剤を変えるのも一つの方法です。保湿成分のフコイダンを含んだものが良いでしょう。そしてフィナステリドを含む発毛剤の服用は中止しましょう。

対処法2.肝臓や腎臓の機能が低下した場合

すぐにフィナステリドを含む発毛剤の服用を止めましょう。そして食事を工夫して、肝臓や腎臓の機能を高めることが重要です。肝機能をアップさせる食べ物としては、肝臓の修復に必要な必須アミノ酸を含んでいる大豆がおすすめです。

また、シジミは肝機能も腎機能もアップすることで知られているほか、昆布や青魚も効果的です。さらに水を1日2リットル飲む習慣をつけましょう。

そしてニキビやふきでものがひどい場合は甘くみないで、皮膚科を受診してしっかり治しましょう。

発毛剤でニキビやふきでものができてしまった場合は、それぞれの発毛剤の成分に合わせた対処法をとりましょう。こうした発毛剤の副作用が不安な人は、AGAスキンケアクリニックなど毛髪の専門家に相談するか、副作用が少ない育毛剤からスタートすることをおすすめします。

ページの先頭へ戻る