育毛剤を使うと頭皮がヒリヒリ・ピリピリする

育毛剤を使って頭皮がヒリヒリ・ピリピリした経験はありますか?また、髪にブラシを当てた時に、頭皮に痛みを感じたことはありますか?育毛剤でヒリヒリ・ピリピリする原因は、その成分にあります。育毛剤を賢く選ぶために、その原因や対処法をしっかり確認していきましょう。

育毛剤で頭皮がヒリヒリ・ピリピリする?

育毛剤を使うと、どうして頭皮がヒリヒリ・ピリピリすることがあるのでしょうか?まずは頭皮が痛みを感じる仕組みから、チェックしていきましょう。

頭皮が痛みを感じる仕組み

頭皮を含む皮膚は、表面から角質層、顆粒層、有棘層、基礎層と4層からなっています。角質層はかゆみを感じる部分なので、炎症を起こしても痛みを感じることはありません。

痛みを感じるようになるのは、4層の1番奥にある基礎層です。この基礎層が炎症を起こして刺激が伝わると、痛みを感じます。

育毛剤のどんな成分が頭皮をヒリヒリ・ピリピリさせるの?

では、育毛剤に含まれるどんな成分が、基礎層まで届くような炎症を起こしてしまうのでしょうか?代表的な3つの成分について、見ていきましょう。

アルコール

頭皮は適度な皮脂がバリアとなって、外の細菌から守る働きをしています。そのため、育毛剤が基礎層を直接刺激することは本来ありません。

しかし育毛剤に防腐剤として含まれているアルコールには、この皮脂を取り除く作用があります。すると、角質層を超えて直接基礎層を刺激してしまうようになります。また、細菌によって炎症が起きてしまうこともあります。

エタノール

育毛剤を腐らないようにするためや、育毛成分を浸透しやすくするために、エタノールが含まれていることも多いです。

エタノールにも皮脂を溶かす作用があります。そのためエタノールが効きすぎると、4つの層を次々と破壊していきます。そうすると痛みを感じる基礎層の神経が刺激されて、ヒリヒリ・ピリピリする痛みを感じるようになります。

フェノキシエタノール

緑茶などから抽出されたフェノキシエタノールは、防腐剤として育毛剤に含まれています。自然由来の成分ですが、分子量が小さいため基礎層まで届き、痛みが起こることが明らかになっています。

育毛剤でヒリヒリ・ピリピリした時の対処法

では、育毛剤を使って頭皮がヒリヒリ・ピリピリした時には、どのように対処したらいいのでしょうか?頭皮のヒリヒリ・ピリピリは育毛剤以外の原因も考えられるので適切に対処したいです。

頭皮がヒリヒリ・ピリピリする育毛剤は中止

薄毛の改善を期待して育毛剤を購入した人にはつらい決断ですが、頭皮がヒリヒリ・ピリピリする育毛剤はすぐに使用を中止しましょう。

刺激の少ない育毛剤に切り替えよう

頭皮にやさしい自然由来の成分が入った育毛剤を選びましょう。ただし、フェノキシエタノールは自然由来でも痛みを引き起こすことが分かっているので注意してください。それぞれの説明書に記載されている成分をよく確認して、刺激の少ない育毛剤に切り替えましょう。

育毛剤を適切に使いたいなら

育毛剤を適切に使いたいなら、AGAスキンケアクリニックなどの専門家に相談しましょう。頭皮は人によって違うので育毛剤選びは難しいですが、専門家なら一人ひとりにあった育毛剤を処方してくれます。

頭皮のヒリヒリ・ピリピリは病気かも?

頭皮のヒリヒリ・ピリピリは、病気が理由の場合もあります。どんな病気の可能性があるのか、対処法も合わせて確認しておきましょう。

頭皮神経痛(後頭神経痛)

考えられる病気としては、頭皮神経痛が挙げられます。特に頭頂部や耳の後ろの側頭部が痛むので、医学的には後頭神経痛とも呼ばれます。目の奥に痛みを感じたり、首や肩がこったりする症状がみられます。首と頭の境目を押すと痛みを感じるので、これにより見分けることができます。

頭皮神経痛の疑いがあるなら?

頭皮神経痛の場合は、自分で対処できることもあります。疲労やストレス、睡眠不足、長時間の同じ姿勢などによる筋肉の硬直で頭皮神経が圧迫されることによって起こるので、これらの原因を取り除くことが効果的です。

また、頭皮や首の後ろの筋肉をほぐすことによっても、頭皮のヒリヒリ・ピリピリがとれることがあります。患部を温めたりマッサージしたりするほか、ウォーキングなど軽い有酸素運動をするのもおすすめです。

帯状疱疹

帯状疱疹は水疱瘡ウイルスが起因して起きる病気です。多くの人は子どもの頃に水疱瘡にかかりますが、その時に水疱瘡ウイルスは完全に死滅せずに体内に残ります。体内に残った水疱瘡ウイルスは、身体が健康で免疫力が高い時は活動が抑えられています。

しかし免疫力が下がると活動を始め、水疱瘡のような水膨れができてしまいます。そして帯状疱疹の名の通り、帯状に広がっていきます。また、水疱瘡と同じように周りの人にうつります。

最初は湿疹や赤みのようなものなので、帯状疱疹と気づかずに、普通の軟膏で対処して深刻な状態になる人もいます。深刻になると、皮膚の状態が治った後もずっと痛みが続く、帯状疱疹後神経痛になることもあります。

帯状疱疹の疑いがあるなら?

帯状疱疹が原因で頭皮がヒリヒリ・ピリピリする疑いがある場合は、放っておくのは危険です。なるべく早く、皮膚科を受診することをおすすめします。

育毛剤に含まれる成分のなかには、頭皮にヒリヒリ・ピリピリとした痛みを引き起こすものがあります。購入する際は成分をしっかり調べて、刺激の少ないものを選びましょう。また、頭皮のヒリヒリ・ピリピリは、難しい病気の可能性もあります。軽く考えずに、適切に対処しましょう。

ページの先頭へ戻る