若ハゲが不安なら早めの対策を!効果的な育毛剤はコレ

男性の脱毛症、いわゆるハゲの中には、10代後半から20代にかけて進行していくケースもあります。決してめずらしいことではないので、くよくよしたり悩んだりする必要はありません。

ここでは、若ハゲと呼ばれる脱毛症について詳しく解説していきます。合わせて効果的な育毛剤も紹介するので、ぜひ参考にして早めの対策を行いましょう。

若ハゲについて

若ハゲとは、男性の10代後半から20代にかけて進行する若年性脱毛症のことです。髪の毛に栄養が行き届かなくなって、毛髪が細くなったり抜け落ちたりする加齢による脱毛とは違い、特定の場所ではなく、頭髪のあらゆるところに薄毛の症状が現れるのが特徴です。

年齢が若いのに髪の毛が薄くなってきたことをコンプレックスに感じ、隠そうと髪形を工夫しても、薄毛がハゲに進行するのを止めることはできません。一番大切なことは、若いうちから薄毛になってハゲに進行していく理由を正しく理解し、早いうちから育毛ケアをスタートすることです。

若ハゲの初期症状

自分が若ハゲかどうかを知るために、まずは若ハゲの初期症状の項目をチェックしてみましょう。当てはまる項目が多いほど、若ハゲが進行する可能性が高くなります。

  • 以前に比べて、髪の毛が細くなってきた
  • ヘアスタイルが決まらないことが増えた
  • 髪の毛が濡れると、地肌がところどころ透けて見える
  • 薄毛の部分がかゆい、またはフケが出ている
  • 頭皮全体が脂っぽく、シャンプーしてもすぐにベタつく
  • 朝起きると、枕に抜け毛がついている
  • 髪の毛を洗うと、以前よりも毛が抜ける
  • 最近、体毛がとても濃くなってきた

若ハゲになる原因

「若ハゲは遺伝だから、どうしようもない」そんな風に昔から言われていることを、真に受けてはいませんか?自分の家族や親戚も若くからハゲ始めたから、遺伝すると諦めているなら、それは大きな間違いです。そもそも、若ハゲの遺伝子というものはありません。

そのように言われているのは、若ハゲになる体質や環境が、家族ということで似ているからと言えます。では、若くして薄毛になる原因は、どこにあるのでしょうか?自分がどういう理由で若ハゲになっているのか、次の項目を見て考えてみましょう。

原因1. 男性ホルモンが影響するAGA=男性型脱毛症

AGA(AndroGenetic Alopecia)は、思春期以降の成人男性に見られる男性型脱毛症です。額の生え際や頭頂部の髪の毛が、一方または双方から薄くなり、脱毛に進行していきます。

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが、5α-リダクターゼ酵素と結合して生成される、DHT=ジヒドロテステトロンが原因で発症します。このDHTが、頭皮の毛穴の中にある毛母細胞の発毛や育毛作用を阻害するため、年齢に関係なく薄毛や脱毛症状が現れます。

DHTが生成されるのには、2つの理由があります。1つは、5α-リダクターゼが分泌されやすい体質かどうかです。もう1つは、男性ホルモンのテストステロンが加齢や生活習慣、ストレスなどによって減少したときに、それを補うために別のホルモンであるDHTが生成されるからです。

原因2. ストレスによる自律神経の乱れ

通常、自律神経は、興奮したときに作用する交感神経と、リラックスしたときに優位になる副交感神経が、絶妙なバランスを保っています。しかし、大きなストレスを受けたりストレスを感じる期間が長く続いたりすると、自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位の状態が続くようになります。

すると血管が収縮した状態が続き、頭皮や毛髪に必要な栄養が行き届かなくなります。そうすると、薄毛や脱毛の原因になります。

原因3. 間違った毛髪ケアやパーマ、カラーリングでのダメージ

頭皮が脂っぽくないのに必要以上にゴシゴシ洗ったり、頭皮の皮脂を洗い落とす作用の強いシャンプーを使い続けていたりすると、身体の自己防衛反応が働き、もっと皮脂を出そうとします。この皮脂が毛穴をふさいでニキビやフケの原因になり、健康な髪の毛を成長させる邪魔をします。

また、頻繁なパーマやカラーリング剤の使用も、頭皮にダメージを与えます。どれだけ「髪にやさしい」という宣伝文句があっても、地肌に良い影響を与えません。頭皮の炎症やかゆみ、湿疹などの症状が出るほか、健康な髪の毛をつくる毛根にダメージを与えてしまうので、薄毛や脱毛の引き金になります。

原因4. 生活習慣や食生活の乱れ

生活習慣の中でも、特に気をつけたいのが「睡眠」です。身体の機能は、自律神経によって活動を調整しています。活動しているときや興奮状態にあるときには交感神経が優位に働き、リラックスしたときや睡眠時には副交感神経が活発に働いて、内臓や循環器などの身体機能を調整しています。

睡眠不足が続くと、交感神経が優位になる時間が増えるため、自律神経のバランスが乱れます。交感神経には、血管を収縮する働きがあるうえ、活動している時間は血液を主に筋肉に届くように調整するため、内臓や頭皮などへの栄養と酸素の供給がおろそかになります。

こうして頭皮への血行不良を招くと、栄養が届かなくなり、毛髪が成長するのを妨げてしまいます。そして、もう一つ大切なのが食事です。現代の若い男性に増えているのが、ジャンクフードや油分の多い食生活による薄毛や脱毛です。

スナック菓子やジャンクフードには、添加物や化学調味料が多く含まれている一方で、毛髪に必要な栄養素はほとんど含まれていません。そのため頭髪も不健康な栄養失調状態になり、薄毛や脱毛を招きます。

また、油脂分の多いフライや肉類なども、皮脂の過剰による毛穴の詰まりや炎症を起こして、毛髪の成長を妨げます。これらはニキビや炎症、フケなどの原因にもなります。薄毛や脱毛を改善するためには、なるべくヘルシーな食事を心がけることが大切です。

若ハゲには早めの対策を!

男性の脱毛に関して医学的な研究が進んだ今、若ハゲは諦めるものではなく、育毛の努力で改善できるものです。ここでは、若ハゲへの進行を食い止めるための対策と、若ハゲに効果のある育毛剤を紹介します。

若ハゲを予防する対策

若くしてハゲてしまうのを何もしないで待っているか、10年後20年後をイメージして、今から予防対策を取るか、それはあなた次第です。若ハゲは予防できる、薄毛は改善できるので、早めの努力をしてみましょう。

対策1. 睡眠時間や食生活を見直す

薄毛の原因が、生活習慣や食生活の乱れだと考えられる場合は、まずその環境を正す努力が必要です。睡眠不足にならないよう予め就寝時間を決めておくことや、ジャンクフードや油脂の多い食事を控えることによって、健康な髪の毛を成長させる身体をつくりましょう。

対策2. ナチュラルなヘアスタイルにする

学校の規則から開放されて、パーマやカラーリングを楽しんでいる人の気持ちはとてもよくわかります。でも、それが若ハゲへの進行になっているとしたら、まずは自分自身のオリジナルの毛髪に戻すことが必要です。

10年後20年後の若々しい髪をイメージして、ヘアカットにこだわる男性になってみるのも良いでしょう。

若ハゲに進行させないための育毛剤選び

年齢に関係なく、薄毛に気がついたときが「育毛ライフ」をスタートする時期です。ハゲに進行してしまう前に、薄毛の原因を改善するための努力を始めましょう。ここでは、若ハゲに進行させないための育毛剤選びの3つのポイントと、おすすめの育毛剤を紹介します。

ポイント1. ダメージを受けた頭皮や毛髪を回復する育毛剤

間違ったヘアケアなどでダメージを受けた頭皮や毛髪には、頭皮の状態を健康に戻す薬効成分が豊富に配合された育毛剤を選びましょう。また、生活習慣や食生活の乱れで血行不良や栄養不足になっている場合は、血行をよくして栄養補給をする成分が含まれている育毛剤を使うことで、薄毛を改善することができます。

ポイント2. ダメージを受けた地肌にやさしい育毛剤

頭皮の皮脂が過剰になったり炎症を起こしたりしている場合や、ニキビや湿疹、フケなどの地肌トラブルがある場合は、頭皮に刺激を与えると炎症を悪化させるおそれがあります。

強い化学成分である石油化合物や界面活性剤、香料や着色料は、敏感になっている地肌にトラブルを起こす原因になるため、無添加で自然の薬効成分が配合されている育毛剤を使うことをおすすめします。

ポイント3. AGAの原因であるDHTを阻害する成分が入った育毛剤

額の生え際や頭頂部が薄毛になってきた場合は、薄毛の範囲が広がって脱毛に進行してしまう前に、育毛剤を毎日の習慣に取り入れて改善しましょう。育毛剤の中には、DHTを阻害する成分を配合した育毛剤もあります。

このようなAGA対応の育毛剤を毎日使い続けると、若ハゲへの進行することを抑えて薄毛を改善することができます。自分の薄毛がAGAによるものかどうかをはっきりと知りたい場合は、育毛クリニックで血液検査を受けて、調べてもらうことができます。

若いうちから生え際や頭頂部の薄毛に悩んでいる人は、足を運んでみるのもおすすめです。

若ハゲに効果のある育毛剤は?

紹介した3つのポイントを押さえた育毛剤は、育毛ローションのチャップアップです。主成分の天然薬効成分とアミノ酸が、頭皮と毛髪を健康に整え、発毛のための栄養を毛根に届けます。

また、香料や着色料、鉱物油、石油系界面活性剤などを含まない無添加の育毛剤なので、頭皮のトラブルや副作用を心配せずに、長く使い続けることができます。そして、AGAの原因となるDHTを阻害する成分も配合されているので、額の生え際やつむじが薄くなって「AGAかも?」と不安になっている人にも、効果が期待できます。

若ハゲは遺伝だからと諦めるのは、まだ早いです。逆に、まだ若いから大丈夫と過信するのも禁物です。若ハゲに進行する薄毛の症状や原因を正しく理解し、薄毛に気づいた日から、おすすめの育毛剤で「育毛ライフ」をスタートさせましょう!

ページの先頭へ戻る