育毛シャンプーと育毛剤を併用すると効果が高くなるの?

育毛剤を使い始めてから、もっと効果を上げる方法を探している人にとって、育毛シャンプーはちょっと気になる存在でしょう。でも、育毛シャンプーと育毛剤を併用すると、本当に効果的なのでしょうか?ここで詳しくみていきましょう。

育毛シャンプーと育毛剤の併用は本当に効果がある?

育毛剤は「薄毛を改善して毛髪を生やす」もので、育毛シャンプーは「髪の毛が生えやすいように頭皮を整える」ものです。まずは、育毛剤と育毛シャンプーの違いをはっきり認識しておきましょう。

育毛シャンプーとは?

市販の一般的なシャンプーの中には、地肌をすっきりさせるためのアルコール成分や、さわやかな香りを演出する香料などが含まれています。しかしこれらは、敏感になっている薄毛の人の頭皮には、刺激が強すぎてかえって逆効果になることがあります。

また、安価なシャンプーの中には、石油系界面活性剤やシリコンなどの化学物質を含んだものが多いので、頭皮の毛穴がふさがったり炎症を起こしやすくなったりして、薄毛や抜け毛の原因になります。

そこで生まれたのが、頭皮や毛髪に悪い影響を与えるものをなるべく含まない、天然成分のアミノ酸系や石鹸を使った、地肌に優しい育毛シャンプーです。育毛シャンプーという呼び方はあくまでも俗称で、正しくは「頭皮を健康にするシャンプー」だと考えましょう。

商品によって配合成分は異なりますが、頭皮を傷めない洗浄成分に、薄毛の原因となる「頭皮の健康状態」を改善する成分がプラスされていることが特徴です。

過剰な皮脂やニキビ、フケ、炎症、または日焼けによるダメージを受けている頭皮のために、殺菌作用や消炎効果のある有効成分が配合されていて、頭皮を健康な状態に戻す手伝いをしてくれます。

育毛剤と、育毛シャンプーの併用は効果がある?

育毛シャンプーには、育毛剤と同じような効果はありません。そのため、育毛シャンプーを使い続けても、薄くなった髪の毛がフサフサに戻ることは期待できません。そこでほとんどの人が思いつくのが、「育毛剤+育毛シャンプー」という併用です。

確かに育毛シャンプーは、安価な市販のシャンプーを使うよりは、育毛ライフのサポートになります。でも、宣伝文句にのせられて何でもかんでも試してしまう前に、少し冷静に育毛のことを考えてみましょう。

薄毛の原因には、AGA(男性型脱毛症)や頭皮の健康状態の悪化、紫外線のダメージ、血行不良、ストレス、生活の乱れなど、様々な要素があります。この中で、「シャンプーを変えてみる」というのは、頭皮の健康状態を改善するための手段の一つです。

ただし、頭皮のための正しい洗髪には、「良質なシャンプーを使う」「正しいシャンプーの仕方」「地肌に良い髪の毛の乾かし方」など、いろいろな方法があります。ですので、育毛シャンプーを使うことは、頭皮の状態を整える方法の一つにすぎません。

薄毛の改善には、男性ホルモンが関与するAGAに効果のある成分や、薄毛を健康でフサフサな髪に戻す成分が配合されている育毛剤を使う必要があります。また、ダメージを受けた頭皮は、ただ正しく洗うだけではなく、修復のための栄養が必要です。

育毛シャンプーにはこうした栄養成分は含まれていないので、育毛剤が必要といえます。ここで重要なポイントは、育毛シャンプーを使っただけで頭皮のダメージが回復するわけではないこと、薄毛を改善するにはまず育毛剤を使うことです。

そのため、育毛剤と育毛シャンプーを併用しても、育毛効果が倍増するわけではないと考えられます。

育毛剤の効果をさらにアップする方法

では、育毛剤の効果をさらに上げるためには、いったい何をプラスすれば良いのでしょうか。育毛剤は、身体の外側である頭皮に塗って育毛効果を得るものなので、逆に身体の内側から薄毛を改善する方法をおすすめします。

まずは生活習慣の改善!

薄毛の原因の中でも自分でなんとかできるのが、健康な頭皮を取り戻すための生活習慣の改善です。生活習慣を見直すことは簡単そうに見えてなかなか難しいものですが、ハゲへの進行を防ぐためなら真剣に取り組めるでしょう。

改善策1. 暴飲暴食、ジャンクフードや脂っぽい食事を控える

焼肉とビール、ラーメンと餃子、ハンバーガーとフライドポテト…など並べるとキリがありませんが、このような食事が毎日続いてはいませんか?油脂が多い肉類や揚げ物を摂り続けていると、オイリー肌になる以外にも、頭皮の皮脂が過剰になる事態を招いてしまいます。

その皮脂が頭皮の毛穴に詰まると、ニキビやフケの原因になるほか、地肌が常に脂っぽく、かゆみや臭いの元になります。さらに詰まった毛穴の中では健康な毛髪が成長できず、かゆみや炎症を引き起こし、それが原因で抜け毛が増え、薄毛になってしまいます。

皮脂の過剰による頭皮のトラブルを改善する方法として、食生活を見直すことを始めてみましょう。肉を食べたら、脂肪を燃焼して身体の外に出すために、3倍の量の野菜を食べましょう。肉よりも魚、そしてまず野菜や穀類から食べ始めることで、肉類の食べ過ぎを防ぐことができます。

また、インスタント食品やファーストフード、スナック菓子には、科学調味料がたくさん含まれています。科学調味料は体外に排出されにくいため、身体の中に残ってしまい、ビタミンやミネラルなど身体に必要な栄養素の吸収を妨げます。

また、科学調味料の摂り過ぎは頭皮のニキビや炎症の原因にもなるため、できるだけ控えてヘルシーな食事を心がけましょう。

改善策2. 規則正しく十分な睡眠をとる

睡眠不足は身体に悪いと分かっていても、薄毛の原因になることを深刻に捉えている人は少ないのではないでしょうか。活動している時間や精神が興奮状態にあるときは交感神経が優位に働き、逆に睡眠時やリラックスしたときには、副交感神経が活発になります。

内臓や循環器、皮膚、髪の毛の代謝などの身体の機能は、この自律神経のバランスによって活動を調整しています。ところが睡眠不足が続くと、交感神経が優位になる時間が増えて、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

交感神経には血管を収縮させる働きがあるうえ、活動中は血液を主に筋肉に届けるように調整する働きがあります。そのため、寝ている間に頭皮に届けられるはずの栄養が不十分になり、毛髪の成長や頭皮の代謝を妨げてしまいます。

できるだけ決まった時間に就寝する習慣をつけ、睡眠不足を解消しましょう。

改善策3. ストレス発散と血行改善のためにも、運動を!

ストレスもまた、興奮した精神状態が継続してしまうために交感神経が優位に働くことになり、自律神経の乱れによる薄毛を招きます。また、じっと座っていることが多い仕事や長時間の運転などは、血液の循環が悪くなり、頭皮に血液を十分に送ることができません。

すると毛髪の成長に必要な栄養が不足し、薄毛を招いてハゲへと進行させてしまいます。ストレスをためこまずに発散させて、血行を良くするためには、運動する習慣をつけることをおすすめします。

毎日少しの距離でも歩いたりジョギングしたり、ジムに通ったり、寝る前にストレッチをしたりするだけでも、身体の代謝機能を改善して、血行を良くすることができます。何か一つでも取り入れて、頭皮に栄養が行き届くような身体づくりをしましょう。

改善策4. シャワーだけで済まさずに、湯船に浸かる

入浴をシャワーだけで済ませていませんか?温かいお湯にゆっくりと浸かることは、薄毛の改善に大きな効果があります。身体が温まると、血行不良が改善され、頭皮への栄養が行き届きやすくなります。

また、シャンプー前に湯船に浸かると、頭皮が温まって毛穴が開きやすくなり、毛穴に詰まった皮脂や汚れなどが落ちやすくなります。そのため、健康な頭皮に整えるためにも、シャンプー前に湯船に浸かることをおすすめします。

さらに、湯船にゆったりと浸かると、リラックス効果が得られます。睡眠不足やストレス時とは逆に、副交感神経が優位な状態になるため、血管が拡張して血行が良くなり、頭皮に栄養が届きやすくなります。そして頭皮の新陳代謝も上がるため、毛髪の成長を促すことができます。

育毛剤にプラスするなら、育毛サプリメントがおすすめ

「育毛剤以外にどうしても何か取り入れたい!」という人におすすめなのが、飲む育毛剤である育毛サプリメントです。育毛サプリメントには、薄毛の原因になる頭皮の過剰な皮脂や血行不良などを、身体の内側からじっくりと改善する効果があります。

ただし、育毛剤のように、薄毛を改善してフサフサした髪の毛を生やす効果は、大きく期待できません。また、育毛サプリメントを選ぶときは、いくつか注意が必要です。

AGAに効果があるフィナステリドやミノキシジルなどの強い薬剤が使われている海外製品は、日本では医師の処方が必要な強力なもので、副作用の心配があります。

特にミノキシジルは、頭皮だけでなく全身の血管を拡張する作用があるため、心臓に負担をかける恐れがあり、心臓病や内臓疾患のある人は使用することができません。

その点、日本国内で生産・販売されている育毛サプリメントは、漢方や天然生薬配合のものが多いので、副作用の心配がなく、育毛剤と併せて毎日使い続けることができます。

育毛シャンプーは、使わないよりは使ったほうが良いですが、大きな効果は期待できません。むしろその分の費用で、身体の内側から体質を改善する育毛サプリメントを、育毛剤と併せて使うことをおすすめします。そして生活習慣の改善を積極的に行いながら、育毛ライフを充実させましょう。

ページの先頭へ戻る