飲む育毛剤(サプリメント)と塗る育毛剤のメリット・デメリットは?

薄毛に効果が期待できる育毛剤を使ってみたい方、いろいろな種類がありすぎて選ぶのを迷っていませんか?最近では、塗るタイプだけでなく、飲むタイプのサプリメントも見かけるようになりました。

ただし、薄毛を改善するためには、塗る育毛剤をまず使い続けることが大切です。飲む育毛剤は、金銭的な余裕があれば併用して使いましょう。では、それぞれのメリットやデメリットを含め、詳しく解説していきます。

薄毛を改善してフサフサにするには、まずは塗る育毛剤で!

薄毛が気になり出したとき、植毛やカツラを思い浮かべるのはちょっと待ってください。これらは見た目をどうにかするだけで、根本的な薄毛対策にはなりません。

薄毛を改善してハゲに進行するのを食い止め、元のフサフサした髪を取り戻すためには、自宅でセルフケアできる塗る育毛剤をまず使ってみましょう。育毛のための薬効成分が豊富に配合された医薬部外品であれば、毎日続けることで薄毛の改善効果が大きく期待できます。

飲む育毛剤だけでは、効き目は薄い?

飲む育毛剤の中には、AGAに効果があるとされるプロペシアや、プロペシアのジェネリックであるフィンペシアがありますが、これらは日本では医師の処方が必要な薬剤です。

これらを海外から個人輸入する方法もありますが、安価なあまり粗悪品であったり、副作用が強かったり、詐欺まがいの業者にあたったりすることも多いため、リスクを覚悟したうえで利用する必要があります。

また、プロペシアなどと並んで近頃話題になっているのが、ミノキシジルという成分を含んだ育毛用錠剤です。頭皮の血行を改善して発毛に必要な栄養を届ける効果がありますが、ミノキシジルには頭皮だけでなく全身の血管を拡張する作用があります。

心臓に負担をかける恐れがあり、心臓病や内臓疾患のある人は使用することができません。一方、漢方や天然成分を含む飲む育毛剤は、副作用が少ないため長期間使用することができますが、その分効果を期待するには弱い方法だと言えるでしょう。

むしろ飲む育毛剤は、体質改善や栄養補給するための補助的育毛剤として利用するのが、効果的な使い方です。そのため、飲む育毛剤にかける費用を育毛効果に優れた塗る育毛剤に投資して、毎日使い続けることが、育毛生活を成功させるポイントと言えるでしょう。

もしも金銭に余裕があれば、飲む育毛剤は補助的な育毛剤として併用するのがおすすめです。

塗る育毛剤と飲む育毛剤について、詳しく知ろう!

正しい育毛生活を送るために、それぞれの育毛剤について詳しくなりましょう。ここでは、薄毛を改善する育毛剤と、身体の中から体質改善をして育毛剤を補助するサプリメントの育毛剤、それぞれの効果や特徴、人気のある価格帯などを紹介します。

塗る育毛剤について

塗る育毛剤は、含まれている成分の種類や量によって、医薬部外品とそれ以外の化粧品などの2つに分かれます。ここでは、育毛シャンプーやヘアトニックなどではなく、医薬部外品の育毛剤を中心に解説します。

医薬部外品とは、厚生労働省の認可を受けたもので、薬事法によって使用用途などが細かく定められています。実際に薬事法第2条第2項では、医薬部外品の目的を「脱毛の防止、育毛または除毛」とし、「効果は期待できるが、人体に対する作用がおだやかで機械器具類などでない」と定めています。

ですので塗る育毛剤は、副作用や炎症などが起こる心配がなく、育毛効果が期待できる製品として開発・生産されています。

塗る育毛剤の特徴

塗る育毛剤で代表的なものは、スプレータイプとローションやクリームタイプがあります。スプレータイプは、強い噴射力によって毛穴の汚れを落とし、頭皮の血行を良くする効果があります。

一方で、ローションやクリームタイプは液だれしにくいため、育毛のための豊富な薬効成分が頭皮にとどまり、より育毛効果が得やすいという特徴があります。

商品によって使用する回数や量は異なりますが、だいたい1日1〜2回塗布するものが多いです。お風呂上がりの血行が良くなっているときに塗ると、薬効成分が頭皮に浸透しやすくなります。塗る育毛剤の薬効成分は、大きく4つに分けることができます。

  • AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTを阻害する成分
  • 過剰な皮脂やニキビ・炎症などの頭皮のトラブルを改善し、地肌を健康に整える成分
  • 毛根の中の毛髪を育てる細胞を活発にする成分
  • 毛髪に栄養を届けるために頭皮の血行を良くする成分

額の生え際や頭頂部などに薄毛が広がる場合はAGAであることが多いため、DHT生成を阻害する成分が入った育毛剤を選ぶことをおすすめします。

また、皮脂が過剰であったり地肌が日焼けなどでダメージを受けたりしている場合は、頭皮への刺激が少ない無添加のものを使いましょう。香料や着色料、石油系界面活性剤や科学化合物、アルコールなどが含まれているものは頭皮トラブルになる恐れがあるため、避けましょう。

塗る育毛剤の購入方法と価格帯

塗る育毛剤は、インターネット通販やドラッグストアなどで買うことができます。ドラッグストアには1,000円程度の安価な育毛剤が売っていますが、どれも薬効成分がほとんど入っていないため、効果が薄いものが多いです。

また、高価なものでは20,000円以上の育毛剤もありますが、効果をしっかりと得るには、長期にわたって毎日使う必要があるため、あまり高価なものを購入すると長続きしないことがあります。

そのため、「薬効成分が豊富に配合されていて、長期間使用することができる」育毛剤の平均的な価格帯は、1本を1ヵ月使用するとして、10,000円前後のものが妥当だと言えるでしょう。

飲む育毛剤(サプリメント)について

飲む育毛剤は、錠剤やカプセルの中に育毛効果のある成分が配合されています。服用することによって体内に成分が吸収され、血液によって頭皮に栄養をじわじわと送ることができるサプリメントです。

薄毛になる原因である過剰な皮脂や血行不良などを改善したり、毛髪を成長させたり、身体の内側からじっくりと体質改善することができます。

飲む育毛剤(サプリメント)の特徴

飲む育毛剤であるサプリメントの特徴は、抜け毛を防止する効果が期待できるノコギリヤシエキスや亜鉛、育毛効果のあるビタミン類などを配合していることです。これらの成分をカプセルにしたものや、凝縮して錠剤にしたものなどがあります。

メーカーによって服用量に違いはありますが、1日1回〜2回服用するように調合されています。ほとんどのサプリメントは、1ヵ月分が1ボトルに入っています。育毛剤と併せて使うために、定期購入で育毛剤とセットで販売しているものもあります。

毎日飲み続けることを考えれば、プロペシアなどの強い薬剤ではなく、身体にやさしくて副作用のないものを使うことをおすすめします。漢方や植物由来の天然生薬成分を配合したサプリメントタイプなら、飲む育毛剤として安心して使用できるでしょう。

ただし、胃腸の弱い人には、胃痛や下痢症状が現れることがあるので、必ず注意書きを読んでから使用しましょう。

飲む育毛剤の購入方法と価格帯

サプリメントタイプの飲む育毛剤は、インターネット通販やドラッグストアなどで購入できます。ドラッグストアなどで売られている1,000円ほどのものは、含まれている成分に育毛効果が薄いため、あまりおすすめできません。

1ヵ月分で10,000円くらいの価格帯のものが、育毛に効果的な成分が多く配合されていて、人気があります。塗る育毛剤と同じように、毎日続けることで育毛効果が期待できます。

塗る育毛剤はメインで毎日使うもの、飲む育毛剤は金銭に余裕があれば補助的に使うものだと理解して、毎日の育毛ライフを充実させましょう。通販で買える塗る育毛剤の中には、飲む育毛剤が一緒に購入できるものもあるので、余裕があるときは試してみるのも良いかもしれません。

ページの先頭へ戻る