ドラッグストアで買える市販の育毛剤って効果あるの?

薄毛が気になって育毛剤を使い始めたいものの、どこで買うのがベストなのか迷っている人はたくさんいます。ドラッグストアにずらっと並んでいる育毛剤は、宣伝文句はすごいけれど、本当に効果があるのでしょうか?そんな疑問をもつあなたに、本当に効果のある育毛剤の購入方法をアドバイスします。

育毛剤は、どこで買う?

薄毛を改善するために使いたい育毛剤は、どこで買えるのでしょうか?ここでは、育毛剤の購入方法をまとめてみました。まずは、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

ドラッグストアで

ドラッグストアには陳列棚いっぱいに育毛剤が並んでいますが、「すぐ効く!」「フサフサ生える!」などの表示が目立ちます。ただし、育毛剤の棚に置いてあっても、実際のところは頭皮をさわやかにする育毛トニックや、すっきりと洗い上げる育毛シャンプーなど、化粧品の部類に入るものが多いのが特徴です。

これらには薄毛の改善に効果のある薬用成分が配合されていないため、薄毛の進行を止めることはあまり期待できません。なかには1,000円程度の安価な育毛剤も販売されていますが、あまりに安いものには、AGAの原因になるDHTを阻害する成分など、育毛に効果のある成分はほとんど配合されていません。

また、厚生労働省により効果や効能が確証されている医薬部外品指定のものは少ないです。ドラッグストアは、育毛剤を手軽に購入できる場所ではあるものの、使い心地など使用した人たちの声を聞くことができません。

さらに、育毛の専門家によるアドバイスや育毛剤メーカーの詳しい説明も受けられないため、安心して使い続けるには不安があります。

また、毎日使い続けるべき育毛剤なのに、在庫切れや商品入れ替えで手に入らない!といったアクシデントも、ドラッグストアにはつきものです。他よりも安いからと、同じ育毛剤を探し求めるドラッグストア巡りでガソリンを使い果たしてしまっては、元も子もありませんね。

海外から個人輸入で

最近、海外から育毛剤を個人輸入する人が増えています。日本製ではない育毛剤を、輸入代行業者に依頼して海外から自宅に送ってもらうという手段です。また、海外のウェブサイトなどを翻訳して、自分で個人輸入するという方法もありますが、どちらも大きなリスクがあることを忘れてはいけません。

よほどの専門家でない限り、医学用語や副作用の注意書きなどは正しく翻訳できません。これは、海外の育毛剤サイトを日本語に翻訳して、育毛剤を海外から郵送してくれる代行業者にもいえることです。代行業者は育毛のスペシャリストでも医師でもないということを、認識しておく必要があります。

インターネット通販で

近頃では、さまざまな種類の育毛剤を紹介するインターネット広告が増えてきました。SNSや育毛専門の口コミなどでも、あらゆる育毛剤の評判や体験談を見ることができます。通販の育毛剤の強みは、なんといっても「薬効成分が配合された、医薬部外品の育毛剤」の種類が多いことです。

ほとんどの商品が専門の医師などが開発や推奨しているもので、配合成分や副作用、使用上の注意などが明確に表示されています。そのため、DHTを阻害する成分や、薄毛を改善する薬効成分が豊富に配合してある、効果の高い育毛剤を手に入れることができます。

ただし、インターネット環境がないと通販での購入はできません。たとえ自宅にインターネット回線がなくても、職場での休憩時間や無料Wi-Fiスポットをうまく利用すると良いでしょう。

結論!本当に効果のある育毛剤は通販で!

このように購入方法を比較してみると、デメリットやリスクが少なく、育毛効果が高い育毛剤を購入できる通販が、ベストな方法だといえます。ではここで、通販で育毛剤を選ぶ際のポイントを、さらに深く解説していきましょう。

ポイント1. 育毛効果のある成分を豊富に配合

通販の育毛剤のなかにも、医薬部外品でなく、育毛トニックとあまり変わらないものもあります。薄毛を改善して育毛効果を期待するのであれば、頭皮の血行を良くして、毛根に栄養を与えるような薬効成分が豊富に含まれている、医薬部外品の育毛剤を選びましょう。

ポイント2. AGAの原因であるDHTを阻害する成分を配合

額の生え際や、つむじがある頭頂部に薄毛が広がっている場合は、男性ホルモンの影響が大きいAGA=男性型脱毛症が原因である可能性があります。AGAによる薄毛を改善するには、毛髪の成長をストップさせるDHTというホルモンを阻害する成分が入っている育毛剤かどうか、必ず確認しましょう。

ポイント3. 頭皮トラブルの原因になる成分が入っていないもの

薄毛の症状が出ている人の多くは、頭皮がとてもデリケートになっています。脱毛症状から毛髪を生やすために強い薬剤を配合した発毛剤や、アルコール分や香料、着色料などが入ったトニックなどを薄毛のうちに使用すると、敏感な地肌を余計に傷めてしまう恐れがあります。

また、皮脂の過剰によるニキビや湿疹、かゆみやフケなどがある場合も、強い化学成分や石油化合の界面活性剤が入った育毛剤を使用すると、頭皮のトラブルがますます悪化してしまうことがあります。

健康な頭皮をつくるためには、天然薬効成分が配合されている育毛剤かどうか、チェックすることを忘れないようにしましょう。

ポイント4. 長く使い続けられる

育毛剤は、薄毛に気がついたときから毎日根気よく使い続けることで、効果が現れるものです。通販の育毛剤のなかには、便利でお得なシステムを取り入れたものがいろいろあります。

効果が現れなかったときのために全額返金保障制度があるほか、まとめ買いや定期購入によって割引や送料無料になる育毛剤もあります。こうしたコストパフォーマンスの良い育毛剤が多いのが、通販のうれしいところです。買い忘れの心配がないため、毎日きちんと使い続けることができます。

ドラッグストアに並んだ育毛剤を、ついつい手に取ってしまう心理はとてもよく分かります。しかし、効果の薄い育毛剤を使い続けるのは、時間とお金の浪費に過ぎません。

薄毛を改善してハゲに進行するのを防ぐには、薬効成分が豊富に配合された医薬部外品指定の育毛剤を、通販で購入することをおすすめします。紹介したポイントを参考に自分に合った育毛剤を選んで、フサフサした髪の毛を取り戻しましょう!

ページの先頭へ戻る