5α-リダクターゼによる薄毛にはどの育毛剤が効果的か?

薄毛になる理由は色々ありますが、なかでも男性に多いのがAGA(男性型脱毛症)です。このAGAに深く関係するのが、「5α‐リダクターゼ」という物質です。あまり育毛剤の広告などには登場しない言葉ですが、知っていると、いざ育毛剤を選ぶときに配合成分の効果を正しく理解することができます。

この記事では、5α‐リダクターゼによる薄毛とはどんなもので、どの育毛剤が効果的か、分かりやすく解説します。

5α‐リダクターゼによる薄毛とは

男性の薄毛に多いAGAは、額の生え際や頭頂部の薄毛から始まり、そのまま放置しておくとだんだん範囲が広がって脱毛に進行していきます。この進行を止めるには、AGAを引き起こす5α‐リダクターゼという物質のことを理解しておく必要があります。

5α‐リダクターゼとは

男性ホルモンのテストステロンは、男性の骨や筋肉を構成し、精子をつくったり性欲を上昇させたりする、とても重要なホルモンです。5α‐リダクターゼには、このテストステロンを助ける役割があり、男性の健康な身体をつくるためになくてはならない存在です。

ただ、5α‐リダクターゼは、このテストステロンをより強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変える酵素でもあります。1型と2型がありますが、2型のほうが、より強力な男性ホルモンを生成します。

1型は、全身の皮脂腺と毛乳頭細胞にあります。皮脂の分泌が多く、ニキビができやすかったり肌が脂っぽかったりする人は、この1型の分泌が多いです。

2型は、男性ホルモンの作用を強く受ける前立腺や髭、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に多く分布しています。DHTに変化することで、髭は濃く固くなり、前頭部や頭頂部の髪の毛は柔らかく細くなるという特徴があります。

5α‐リダクターゼで薄毛になる理由

生成されたDHTは、さらに頭皮の毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結びつき、髪の毛の正常なサイクルを狂わせます。そのため、2型の5α‐リダクターゼが多く存在する前頭部や頭頂部の髪の毛は、毛が細くなって薄毛の症状が現れ、そのうちに脱毛に進行していきます。

5α‐リダクターゼの分泌量には、個人差があります。その素因が遺伝であるという説もありますが、今のところ医学的には解明されていません。家族間で男性の薄毛や脱毛症状が多いことについては、5α‐リダクターゼを分泌させる体質が後天的に遺伝しているのではないかと考えられています。

5α‐リダクターゼによる薄毛に効く育毛剤

5α‐リダクターゼによる薄毛は、この酵素の働きを抑える育毛剤を使うことが重要です。その育毛剤の特徴と選び方のポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

効果的な育毛剤の特徴

5α‐リダクターゼの働きを抑制する効果のある育毛剤には、次のような成分が配合されています。AGA対策で育毛剤を探している人は、しっかり確認するようにしましょう。

  • 亜鉛
  • キャピキシル
  • アゼライン酸
  • 緑茶エキス
  • オウゴンエキス
  • チョウジエキス
  • ヒオウギエキス
  • ビワ葉エキス
  • グワバ葉エキス

など

育毛剤の選び方と注意点

では、5α‐リダクターゼによる薄毛を改善するための育毛剤の選び方と注意点をアドバイスします。自分の薄毛の原因や状態に適した育毛剤を選び、フサフサの髪の毛を取り戻しましょう。

5α‐リダクターゼを抑制する成分が多い育毛剤

育毛剤を使っていても、5α‐リダクターゼによる薄毛がなかなか改善されず、AGAが進行してしまうケースでは、5α‐リダクターゼを抑制する成分の配合量や種類が少ない育毛剤を使っていることが多いです。

5α‐リダクターゼの分泌を抑制するためには、上記のリストに挙げた成分の量や種類が多い育毛剤を選びましょう。

頭皮を健康な状態に整える成分が入った育毛剤

5α‐リダクターゼによる薄毛の場合、頭皮の健康状態があまり良くないことが多いです。過剰な皮脂により毛穴が詰まって、ニキビや炎症、かぶれなどが起こりやすくなっています。

頭皮を畑に例えると、いくら水や栄養を注いでも、肝心の土壌が悪ければ作物は育ちません。健康な頭皮に改善することは、5α‐リダクターゼを抑制する成分の浸透を助け、新しく元気な髪の毛を取り戻す土台をつくるということです。

そのためには、頭皮にダメージを与える化学薬品や界面活性剤、シリコンなどが入った育毛剤を避け、無添加で天然の薬効成分が豊富に配合された育毛剤を選ぶことが大切です。

額の生え際やつむじのある頭頂部の薄毛が気になりだしたら、5α‐リダクターゼを抑制する成分が配合された育毛剤を使ってみましょう。5α‐リダクターゼと薄毛の関係をしっかりと理解し、脱毛に進行する前に育毛剤で改善していきましょう!

ページの先頭へ戻る