分け目のハゲにおすすめの育毛剤は?

最近髪の分け目がくっきり目立つようになってきたとか、分け目部分が薄毛になってきたと感じている人は、要注意です!それは「分け目のハゲ」に進行する前触れかもしれません。

ここでは、そんな分け目のハゲの理由と対策について詳しく解説します。効果のある育毛剤の選び方についても、チェックしていきましょう。

分け目のハゲについて

髪の毛の分け目は、地肌が見えているためにどうしても毛の分量がわかりやすく、薄毛が目立つ場所です。「まだハゲてもいないし、他の部分はフサフサなのに…」そう思って放置しておくと、分け目のハゲに進行してしまう可能性があります。まずは自分の分け目をセルフチェックしてから、その原因と対策をしっかりと理解しましょう。

分け目のハゲに進行する薄毛セルフチェック

明るい場所で鏡を見ながら、自分の分け目を観察しましょう。次の項目に当てはまるものが多ければ多いほど、あなたの分け目の薄毛は、ハゲに進行する可能性が高いといえます。

  • 分け目の地肌が、他の頭皮部分に比べて黒ずんでいる、または赤くなっている
  • 分け目の地肌がくっきりとわかり、汗をかいたり髪が濡れたりすると薄毛が目立つ
  • 分け目周辺の髪が、他の部分に比べて細い
  • 分け目周辺に、ツンツンした短い毛がたくさん生えている
  • 分け目の周りの髪の根元に、フケがたまっていることが多い
  • 分け目部分がかゆい
  • 分け目とその周辺にニキビや湿疹ができている
  • ブラッシングやスタイリングの時に、分け目周辺の髪がよく抜ける

髪の分け目が薄くなる原因と対策

分け目の毛髪が薄くなるのには、いくつかの原因があります。ほとんどの場合、ここに挙げた理由の複数が当てはまり、薄毛が進行して分け目のハゲになるというパターンが多いです。

いつも同じ分け目にしていることで、紫外線ダメージを受けている

男性は女性に比べて髪形を変える頻度が少なく、自分に似合う髪形を長年維持している人が多いです。髪の分け目もまた、左右どちらか、または真ん中と決めて、長い間同じようにセットをする傾向にあります。

そうすると分け目の地肌に日光を浴び続けることになり、紫外線によるダメージを強く受けてしまいます。紫外線の影響は、日焼けによる肌の炎症や乾燥だけではありません。毛髪を育てる頭皮の毛根にある毛母細胞を破壊してしまうため、毛が育たなくなり、薄毛や脱毛の原因になります。

こうした紫外線によるダメージを防ぐ対策としては、普段からできるだけ髪の分け目を変えることが必要です。長い間同じ分け目にしている人にとっては難しいことかもしれませんが、シャンプー後に違う分け目を作り、毎日少しずつ毛の流れを変えていけば大丈夫です。

同じ方向に毛を引っ張り続けていることで、牽引性脱毛症になる

牽引性脱毛症とは、長い間同じ方向に髪を引っ張られることで起こる脱毛症です。ロングヘアや髪の毛を結んでいる女性に多い症状だと思われがちですが、男性も同じ場所に分け目を作って、ドライヤーやブラッシングで髪の毛を引っ張り続けることで起こります。

さらにワックスやポマード、セットジェルなどを使って、分け目部分の髪の毛を固定している場合は、分け目の髪の毛が引っ張られているのに加えて固定されているため、頭皮への圧迫が強くなり、血行も悪くなっています。

牽引性脱毛症の可能性がある場合は、できる限りブラシやくし、整髪剤などを使わなくて良いヘアスタイルに、思い切って変えてみましょう。スッキリとした短髪で、髪の根元の負担を減らすことがおすすめです。

ドライヤーで髪を乾かす時はブラシを使わずに手ぐしで、温風を使って短時間で終らせることがポイントです。

生活習慣やストレスによって、頭皮にトラブルがある

フサフサの毛髪には、健康な頭皮を維持することが欠かせません。生活習慣や食生活の乱れ、ストレスが長く続いている状態では、髪の成長にとって大切なホルモンや自律神経のバランスが崩れやすいです。

これらのバランスが崩れると、抜け毛が増えるほか、頭皮の皮脂が過剰になることによってニキビや湿疹、フケ、かゆみといった症状が現れるようになります。また、油分や添加物の多い食事を続けていても、頭皮が脂っぽくなり、地肌のトラブルにつながります。

この場合は、とにかく生活習慣と食生活を見直すことが肝心です。暴飲暴食を控え、野菜や魚を中心とした食生活にシフトしましょう。ストレスを長い間抱え込まないよう、上手に気分転換する工夫も大切です。

分け目のハゲに効果のある育毛剤は?

上記で紹介した対策は、薄毛から分け目のハゲに進行するのを防ぐためのアドバイスです。では、もうすでに薄くなっている分け目の、細くてかよわい毛髪は、どうすれば健康でフサフサした髪に戻るのでしょうか?そこで大切なのは、育毛剤を使い始めることです。

育毛剤は、読んで字のごとく「毛を育てる」ものなので、年齢に関係なく、薄毛に気づいた時から毎日使い続けることによって、大きな効果が期待できます。

育毛剤の中には、「○○ハゲに効く!」といった、ハゲてる部分を特定した宣伝文句の商品もたくさんありますが、「分け目のハゲ」だけに効果がある育毛剤というものはありません。そのため、分け目のハゲに進行しないような成分を配合した育毛剤を選ぶことが、肝心です。

それでは、分け目のハゲに進行するのを抑えて、薄毛をケアする育毛剤を選ぶポイントを、詳しく解説します。

ポイント1. 紫外線によるダメージを修復する育毛剤

長い間同じ場所に分け目を作っていた人は、紫外線によるダメージを受け続けた地肌を、健康なコンディションに戻す成分が含まれた育毛剤を選びましょう。特に、薬効成分のセンブリエキスなどが配合されているものがおすすめです。

髪の毛を作っている毛母細胞の働きを活発にするうえ、紫外線によって乾燥した地肌を保湿する効果が期待できます。

ポイント2. 牽引脱毛症によって弱くなった地肌を改善する育毛剤

牽引脱毛症によって分け目の地肌が弱くなったり固くなったりしている場合は、健康で強い毛根を作り、頭皮を保湿して柔らかくする必要があります。そのためには、頭皮環境を改善する効果がある栄養成分が入った育毛剤で、頭皮の保湿や収れんケアをしましょう。

地肌を傷めるような化学物質や、毛穴を詰まらせてしまう界面活性剤が入っていない育毛剤で、保湿や収れん効果のある天然の薬用成分が配合されたものがおすすめです。

ポイント3. 頭皮のトラブルを改善する育毛剤

生活習慣や食生活、ストレスによって、ニキビや湿疹、かゆみ、フケなどの頭皮のトラブルがある場合は、強い薬品を使用した育毛剤を使うと、かえって症状を悪化させてしまいます。

ドラッグストアに並んでいる育毛剤の中には、ハッカ系のスッキリとした香りで頭皮のニオイやかゆみを抑える薬品を使用したものもありますが、このような育毛剤には、頭皮トラブルを改善する効果はあまり期待できません。

分け目の頭皮トラブルを改善するには、香料や着色料を含まず、地肌にやさしくて育毛効果のある薬効成分が豊富に含まれているものを選びましょう。

また、敏感になっている頭皮の健康を損なうような強い化学物質や石油化合物、界面活性剤などを使用していない、無添加のものを選ぶことが大切です。

これら3つのポイントを踏まえ、分け目のハゲに効果のある育毛剤の中でもおすすめなのが、スカルプ育毛ローションのチャップアップです。チャップアップは、薬効成分を数多く配合し、頭皮の健康を取り戻して薄毛を改善する、医薬部外品の育毛剤です。

さらに、頭皮や毛髪の健康を損なうような化学物質などが含まれていないので、安心して長期間使用することができるのも、おすすめする理由です。

分け目のハゲに進行する薄毛は、年齢に関係なく20代から60代まで幅広い世代に起こります。若いからまだ大丈夫と過信したり、もう年だからと諦めたりせず、薄毛に気づいた時から良い育毛剤を選んでケアを続けるようにしましょう。

それが、フサフサの分け目を取り戻すための基本です。育毛対策によって、健康な頭皮と毛髪を取り戻すための努力をスタートしましょう。

ページの先頭へ戻る