育毛剤の副作用に注意!安全なおすすめ育毛剤ランキング

育毛剤の副作用に注意

「最近抜け毛が増えてきた」とか、「朝起きた時、枕に抜け毛着いているようになった」など、薄毛になる心配を抱えていると、育毛剤や発毛剤などのコマーシャルに目がいくようになります。

そこで気になるのは、やはり効果や副作用です。「日本で唯一発毛効果が認められているのはリアップだけ」というフレーズは本当なのか、AGA治療薬は本当に効果があるのか、ネットでよく見る育毛剤の効果はあるのか、などと多くの疑問が出てきます。

それに、効果があったとして、何か副作用はあるのだろか、あったとするとどんな症状が出るのだろうか、なにか重大なことになるかどうかも知りたい、という心配もあります。また、育毛剤と発毛剤の違いはなんだろう、などということも出てきませんか?

このサイトでは、こんな疑問が解消できるように、分かりやすく解説をしていきます。

AGAのメカニズムを知っておく

育毛剤や発毛剤のことを知る前に、まずAGAのメカニズムを知っておきましょう。

髪の毛の数は普通の人で10万本ぐらい、多い人になると15万本ぐらいはあるといわれています。

そして、この髪の毛にはヘアーサイクルというものがあります。成長期・退行期・休止期がそれです。成長期の髪の毛は、グングン伸びます。退行期の髪の毛は伸びず、毛包が次第に小さくなっていきます。そして、休止期の髪の毛も伸びずに、毛包は小さくなったままです。

次の成長期が来ると、この休止期の髪の毛を押し出すようにして、新しい髪の毛が生えて育っていきます。この時に、自然脱毛が発生します。この為、毎日100本近くの髪の毛が抜けます。したがって、ある程度の脱毛はヘアーサイクルによって起きますから、心配しなくても大丈夫です。

しかし、AGAを発症すると、成長期にある髪の毛が抜けてしまいます。普通の状態だと男性の場合、2〜5年という成長期が最短だと数週間、長くても1年未満になってしまいます。こうなると、生えてくる髪の毛の数よりも抜け落ちてしまう数が上回りますから、薄毛になります。

そして、その原因です。男性だったら誰でも体内にある、男性ホルモンの一種、テストステロンが5αリダクターゼと結合して、ジヒドロテストステロンに変化します。このジヒドロテストステロンが毛乳頭付近に存在する、アンドロゲン受容体と結合すると脱毛が起きます。これが、AGAのメカニズムです。

ただし、アンドロゲン受容体にはジヒドロテストステロンに対する感性の強弱があります。この感性の弱い人の場合は、ジヒドロテストステロンを受け入れませんから、AGAを発症することはありません。これは体質ですから、ある面では遺伝的要素だといえます。そして「ハゲは遺伝する」といわれている大きな要素です。

育毛剤と発毛剤の違いとは?

育毛剤と発毛剤の定義めいたことは、あることはあります。育毛剤とは「今ある髪の毛を元気よく育てるもの」で、発毛剤とは「毛母細胞に作用して発毛を促すもの」になります。

そこで、育毛はなんとなく分かるが発毛のメカニズムはどうなっているのか、という疑問が出ます。

AGAのメカニズムのところで、ヘアーサイクルによって自然脱毛が発生することを説明しているので、抜ける図式は分かっていると思います。

では、抜けた後、どうやって発毛してくるのでしょうか。これは、髪の毛が自然脱毛したあとの毛穴には、まだ毛母細胞が残っていて、その働きで新しい髪の毛が生えてきます。

毛母細胞は、髪の毛の一番根元の丸く膨らんだ毛球の中の一番下にある、毛乳頭細胞を包むような形になって存在します。

そして、毛乳頭細胞は頭皮の毛細血管とつながっていて、毛母細胞が活発に細胞分裂をするために必要な酸素と栄養素を受け取っています。その結果、毛母細胞が分裂を繰り返して、髪の毛が生えてきます。これが、発毛のメカニズムです。

この毛母細胞に影響を与えて、発毛を促す働きをするものを「発毛剤」といっています。しかし、現在発売されているほとんどの育毛剤には、毛母細胞に働きかける成分が入っています。

この為、発毛剤と育毛剤の明確な境界線はない、ということが現実です。もう少し突っ込んで考えると、医薬品の認可を受けた製品は「発毛剤」と言えますが、医薬部外品になるとそういう表現を使えない為、「育毛剤」といっていることもあります。

ただ、発毛に対するアプローチというか、考え方についてはそれぞれの製品ごとに違いがあります。例えば、血行を良くすることを基本にしているものもあれば、インスリン様成長因子を増やすことに集中しているものなど、様々です。

このため、自分にとってどのタイプが一番効果的なのかということが、非常に分かり辛いという側面があります。実際にある程度の期間使ってみないと分からないのは、この為です。

育毛剤の副作用は?

では、育毛剤には副作用がないのか、という問題です。

実は、副作用があるとかないとかは、使う人の体質などにも大きく影響されます。例えばAさんが使ってもまったく問題がなかったか使ってみたら、自分は頭皮にトラブルが発生したなどというケースは、そう珍しくはありません。

多くの育毛剤には、天然成分が配合されていますから、そのもともとの植物に対してアレルギーがあったりすると、皮膚トラブルが起きます。

ちょっと赤くなり、痒みが出るだけというケースもあれば、ちょっと症状が酷くて脱毛を起こしたということもあります。

このため、どんな製品にも注意書きとして体質に合わない場合があるため、症状が出たら使用を止めるようにと記されています。とにかく、何か症状が出たらすぐに使用を止めて、速やかに皮膚科へいくべきです。

こういった皮膚トラブルが、ひとつの代表的な副作用の症状です。ほかに、ちょっと怖い症状に「初期脱毛」があります。

初期脱毛とは育毛剤を使い始めてから、1週間から2週間ぐらいすると出てくる症状です。初期脱毛は、元気な髪の毛が生え始めた時、邪魔な古い髪の毛を押し出す為に出る症状だといいます。

つまり、初期脱毛が発生したら、その育毛剤は自分にとって効果があるということになります。初期脱毛で抜け落ちる髪の毛は、ヘアーサイクルの退行期か、もうそろそろ退行期に入るものに限られていますから、普段の倍も抜け毛が増えるわけではありません。「なんとなく、前より抜け毛がふえたかな?」程度です。

そして、初期脱毛の期間ですが、だいたいの人は1ヶ月前後で収まります。中には2ヶ月も続いたという人もいますから、ある程度の期間は様子見をしてください。

もし、何か月間も初期脱毛が続いたり、抜け毛の数がちょっと異常だなと感じた場合には、使用を止めてすぐに皮膚科に行くべきです。なんらかのトラブルが考えられるからです。

怖い医薬品の副作用

発毛剤やAGAは医薬品扱いになっています。医薬品には副作用があるケースがあります。例えばミノキシジルです。これは、開発目的が高血圧治療薬でした。その為、血管拡張効果がありますから、薬局でも薬剤師と話をしてからでないと購入不可能です。

よくある副作用としては、頭皮のかぶれや湿疹、頭痛やめまい、胸の痛みや心拍数増加、体重の増加や手足のむくみなどがあります。購入時に薬剤師からも注意がありますが、こんな症状が出たら、重大なことにならないうちに使用を中止するべきです。

また、AGA治療薬として一般的なフィナステリドですが、これは男性にとって深刻な症状を引き起こすケースがあります。

性機能不全、精子数の減少、射精障害などが報告されています。また、ハッキリした報告ではありませんが、精子に異常がみられるケースもあるようです。この場合、生まれてくる子供に影響があることも考えられます。

いずれにしても、医薬品ですから副作用があっても不思議ではありません。何か異常を感じたら、すぐに医師に相談することをおすすめします。

ページの先頭へ戻る